So-net無料ブログ作成
検索選択

迷子のお知らせとイベントのお知らせ [お知らせ]

迷子のお知らせからです。

パク君・1歳・オス・チャトラ

パク君一歳.jpg

パク君一歳2.JPG

パク君一歳3.JPG

メールをそのまま掲載します。

「猫は外中自由の子でした。5月9日から帰ってきていません。
捨て猫を拾ってきたのですが、元々外にいたせいか外にどうしても行きたがり
扉にネットを貼って10キロくらいの押さえをしても押して出てくるほどのパワーあふれる猫だったのと
外に出さないと2時間でも鳴き続け声が枯れてしまうので自由にさせてました。
そして、あまり猫らしくなくとても人懐っこい猫で、知らない人にも平気で着いて行ってしまう子なんです。
子供が学校に行くときは登校班の集合場所まで一緒に着いて行ってお見送りしてから
その後は私と一緒に歩いて仕事場まで行き会社の人にご挨拶してからパトロールに出かけ
夕方に帰ってきて夜は家にいるという生活でした。
いなくなった当日も近所のおばあちゃんとお孫さんの散歩に付いて歩いていたんです。
それを確認したのが15時頃で私もおばあちゃんとお話して「よろしくお願いします」と別れました。
その後、おばあちゃんの家まで着いて行ったそうですが帰ってきませんでした。
因みにおばあちゃんの家は普段の行動範囲内なので、その段階では迷子にはならないはずです。

それから毎日夕方に一度は探して歩いています。
色んな人に聞いてみると、やはり普段は毎日のように来てたけどあれから見かけないと言われます。
そんな猫なので名前を呼ぶとすぐに返事をして寄ってきますので
誰かに連れて行かれてしまった可能性が高いかなあと思っています。
チラシはもう少し経ったら作ってみようかとも思っていましたが、近くにいれば学区内くらいは
ほぼうちの猫のことを知っている人が点在しているので見かけると思うし
連れて行かれていたら返してくれるはずはないよな、、、と半分諦めています。」

そういうことでしたのであきらめないでということからいろいろ細かくアドバイスしました。
外を歩きなれているとはいえ、交通事故の線も視野に入れて、かわいい人懐っこい子なので連れ去りの線、
後は迷子と勘違いして保護してしまう線、いろいろなことを考えてみてほしいと伝えました。いなくなったのは5月9日だそうです。場所は長野市の篠ノ井方面です。
是非情報をよろしくお願いします。m(_ _)m

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、穴観音温泉で開催されています。写真展についてのお知らせです。
16日から6月末まで開催されます。こちらでも紹介しています。

16日は温泉ライターのNさんも見えて担当のメンバーとお話もして行ったということです。
ありがとうございました。
写真は担当のOさんが撮ってきてくれました。(*^-^) v

明るい雰囲気ワクワク楽しい企画の写真展です。

写真展.jpg

写真展2.JPG

おぶせ温泉0503.JPG

おぶせ温泉0504.JPG

おぶせ温泉0505.JPG

おぶせ温泉0506.JPG


グッズの方もNさんの会社で作られたタオルハンカチがオリジナルとなります。その販売もしています。

おぶせ温泉0507.JPG

おぶせ温泉0508.JPG


おぶせ温泉0509.JPG

旅館のHPからの説明文です。
「穴観音の湯」命名の由来

「 豊臣秀吉の家臣で戦国武将・福島正則公が安芸広島から信濃高井郡に流され晩年を過ごしたとき、
当館に隣接する岩窟に持仏を安置したと伝わっております。

当館開業前は、「穴観音」以外は何も無く周囲は雑木林が広がっていましたが、お参りを欠かさず信心深かった創業者の碓井亮一が「私の足元で温泉を掘りなさい」と夢の中でお告げを授かり、それを信じて、掘削し温泉が湧き出たことで「穴観音の湯」と命名しました。

当温泉は観音様のお告げによるありがたい湯でございます。」

ということで、古い温泉地には歴史やいろいろ言い伝えなどもあります。そういうお話を聞きつつ温泉につかるのも楽しみの一つだと思います。

実はこの写真展にコラボしたのは温泉ライターのNさんが去年、秋山郷のあるあたくの猫達が沢山いるから何とか手術をしてあげてほしいというお話があって、こちらでかかわることになりました。そのことから、Nさんと何度かやり取りしているうちに写真展をやるが一緒にそこで販売や宣伝もしてはと声をかけていただいて
参加させていただくこととなりました。

写真は主にいろんな温泉地にいるワンちゃんや猫ちゃんの写真だそうです。
専用のギャラリーとエレベーターホールのところを使って展示されています。

さてこの件につきまして皆様にお知らせしたいことがあります。
今回不妊化手術につきましては去年4匹今年4匹と合計8匹の子を済ませました。飼い主の方が費用は出してくださってこちらでは搬送とそれにかかわる諸経費を出しました。
ですがまだまだたくさんの子達が残っているということで、費用面、搬送面においてかなり大変であることから私も段取りを整えたり、スムースな流れをと色々考えて設定してきました。がそれを見るに見かねてと言いますか大きな団体の方から助け舟が出ました。
「ちばわん」さんと「みなしご救援隊」さんです。いつも助けていただいています長野に在住の「ちばわん」さんのメンバーさんが代表の方と話していて、では長野でも一斉不妊化手術をやってはどうか、ということになったそうです。かかる費用は全面的に出していただき、私たちはそのお手伝いとその後にかかる諸経費、秋山郷のお宅のフォローをするということになりました。穴観音温泉の売り上げは全てそのために使います。
ご了承ください。

一斉不妊化手術については全面的に「ちばわん」さんと「みなしご救援隊」さんにお任せしました。こちらではこういう大規模なTNRのようなことはできませんし、そのような力もないです。では私には何ができるかというとで、メンバーの6名の派遣、お手伝いとして主に搬送のお手伝いをさせてもらうということです。
手術に関してもベテランの先生と助手の方もいますので安心してお任せ、捕獲器やケージなど機材もこちらからお貸ししたりとできる限りのことはしたいと思っています。

また一斉不妊化手術は昨年松本で行いました。その様子はこちらで詳しい事はご覧ください。

というわけで、秋山郷のみではもったいないということから、飯山や野沢温泉近辺の子達も合わせて30匹程度やることになっているようです。

手術の決行は飯山の某所6月8日と決まりました。また結果まとまりましたらこちらでも記事にアップしたいと思います。












nice!(29) 
共通テーマ:ペット

nice! 29