So-net無料ブログ作成
検索選択
迷子・お知らせ ブログトップ

迷子かもしれない病気の子がいます。 [迷子・お知らせ]

以前、2015年の暮れですが、ムーランちゃんという三毛の里親さんを募集して来られた方からの依頼です。

突然のメールにて失礼致します。
Mと申します。以前、三毛猫でもお世話になりました。
その節は大変ありがとうございました。三毛(プティという名前になりました)
は安曇野で幸せに暮らしています。

ところで、今、家で保護している
捨てられたのか迷い猫なのか分からない猫がいます。
【里親募集ではなく】お伺いしたい事があり
厚かましくもまたご連絡差し上げました次第です。

経緯です。↓↓

5月下旬~6月初め頃から
【茶トラの右耳水平カットの雄の成猫】
が突然現れるようになりました。

右耳カットされている事と行動パターンから
おそらく何処かの地域猫かどなたかがお世話をしていた野良と思われますが
とにかく人慣れしすぎており誰でも構わず足にまとわりついています。
特に年配の女性を目で追います。

この地域周辺ではそのような地域猫や野良の餌やりさんがいる場所はなく
思いつく限り猫を飼っているお宅に確認しましたがどの家の猫でもなく
また、見かけた事もないという状況です。
猫が自力で元のコミュニティーや餌場から移動してくる事は考えられず
本当に突然現れましたので、
*配達の車に乗ってきて迷子になったか
*子供や散歩している人にくっついて少しずつ移動してきたか
*元野良で一度里親さんに引き取られたが病気になったため手に負えず捨てられたか
等々考えています。
私の家の近くに宅急便センターがあり、コンビニも2軒あります。
遠方から荷物とともに移動してきた可能性もあります。

ヨダレが出ていたので動物病院で診てもらいました。
その結果、エイズ陽性で腎臓肝臓もかなり悪く、重度の貧血で
短ければ余命1〜2ヶ月との結果です。
猫は元気で食欲もあり普通と変わりなく動いていますが
そうゆう事でした。

そこでお尋ねしたいのですが
そちらに関係されている方の中に
餌やりさんや地域猫のお世話をしている方がいて、
この猫を知っている方がいらっしゃれば
元のコミュニティーに戻してあげたいのです。
もし、トラック等に乗ってきて迷子になってしまったのであれば
住み慣れたところで最期を過ごさせてあげたいのです。
病気になったため捨てられたのであればどうにもなりませんが。

今は朝と夕方だけ私の家でごはんを食べています。
それ以外の時間はどこかにいっているようで姿が見えません。
ご飯を食べにきている間は
とにかく人間にまとわりつきますが家の中には入りません。
ある程度食べるといつの間にか何処かへ行ってしまいますので
相当外猫暮らしが長い感じです。

腎臓、肝臓、貧血等々全ての症状がエイズが元になっているため
完治する物ではなく、外猫のようなので
通院や治療の苦痛を考えると最低限の治療にとどめ
自然体にする覚悟でいます。
時間がありません、可能性が大変低いですが迷子猫であれば
元の場所で安心して暮らさせてあげたいと思っています。

ご対応可能であれば写真を送ります。ご協力いただけますと大変助かります。

★特徴★
茶トラ 雄 右耳水平カット済み
5〜10歳の間くらい
ニャ~ではなく雌のような高い声でニャッニャッと鳴きます
左耳に欠け
しっぽの付け根に皮膚病のカサブタ(だいぶ剥がれてきている)
身体ははっきりしたトラではなくしっぽの先だけトラ縞
胸の辺りは白、手先、足先にかけて白
人慣れしすぎています(どちらかと言うと男性より中高齢女性に反応)
パウチ(餌)やカリカリの袋のカサカサ音にとても敏感に反応します。

恐らく、というかほぼ100%、
具合が悪くなったので他に移らないよう
置いていかれたのだと思います。
普通は食いつきの悪い療法食をバクバク食べるので
元野良で里親さんが治療放棄で
置いていったのかもしれません。」

このメールのように推測しかできませんが、トラックに乗って遠くから来た可能性、比較的近所からの子が捨てられた可能性、どちらか分かりませんが、今まで見かけなかったのにいきなり現れた事や猫の状況からして、手におえず捨てられた可能性が強いかな?と考えました。

ですが余命も迫っていて、猫は元居たところで最期を迎えたいと思っていると思うので何とか元の場所に戻したいと考えるのも理解できます。

お心当たりのある方、どうか猫ちゃんの最後のためこちらに連絡ください。または知っている子かもという方でも構いません、ここ1っか月か2か月の命です。
連絡をいただけると助かります。
場所は保護している場所は長野市の上松です。が範囲的には上松・吉田・三輪方面です。

ごはんを食べるとどこかへいなくなるという事で、もし具合が悪くなって行倒れになってはかわいそうなので、簡易ベッドを作って置いておくことをお願いしました。
もし動けなくなってもそのお宅で亡くなればまだ救われます。
何とか餌をもらって飼い主さんもしくはお世話していた方が見つかるまでそこに居ついてくれれば良いのですが。と願っています。

茶トラエイズの子.JPG

茶トラエイズの子2.JPG

茶トラエイズの子3.JPG

茶トラエイズの子4.JPG

茶トラエイズの子5.JPG

情報をお待ちしています。m(__)m
nice!(42) 
共通テーマ:ペット

迷子のお知らせと今年度の会の運営について [迷子・お知らせ]

名前・・・・・ しろちゃん
2017年2月5日稲葉付近(パチンコ店の駐車場付近)から行方不明
特徴・・・・・・全身真っ白で小柄なメス猫、目の色は黄色、しっぽは長めです。

しろちゃん・メス・5歳くらい2017・2・5.jpg

しろちゃん.jpg



餌をあげていた方からの依頼です。もし見つかったら、自分で飼うつもりでいるとのこと、初動時の保健所や警察への届け出、チラシまきなどもしっかりやっていましたが、なかなか見つからにという事から、依頼が来ました。お心当たりの方は連絡ください。m(__)m

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4月から来年の3月までの今年度の譲渡会ですが、隔月の第4日曜日という事で確定することとなりました。m(__)m

ボランティアセンター内で行います。
こちら肉球クラブ主催で他の団体の保護猫・保健所の引き取りや収容猫・一般の方の保護猫の里親募集を行います。

中の受付ではメンバーが常に3名でローテーションを組んで対応します。
里親希望者様・猫に関する困りごと・譲渡に関する事等、全員が同じ知識、ポリシーの元、お話を伺いますので、どなたに聞いていただいても大丈夫なように資料や知識は共有することとして先日新たにプリントを配布しました。メンバーにはそれをしっかりと頭に入れておいてもらってお話を伺います。

また、販売の内容も変わります。4月からの再開の予定でした焼き菓子はお店の都合で延期となりました。オリジナルのファブリックとフエルト人形、手作りの手芸品等は多数そろえてお待ちしています。活動費用になりますので是非ご購入下さい。

サプリメントは見本を見たり、説明をメンバーから聞いてお取り寄せする形になるかもしれません
こちらもぜひ興味のある方は声かけてください。


私たちは個人のボランティア団体です。個性豊かな猫好きが集まった集団です(笑)
ですが、一応、TNRや保健所の事、譲渡会のことなど、調べたり勉強はしてきました一人一人の経験も大きな力です。
様々なご希望をもって来られる里親募集の方や飼いたいと希望する来場者の方に毎回いろいろなことを学ばせていただいています。
思いもよらぬ難題を投げかけられたりという事も有りました。
すでに出来上がった大きな団体や東京など都会での団体のようなスマートな対応はできないかもしれませんが、一人一人のニーズに合った、きめの細かい対応に努めてきました。
そのために独自で作ったマニュアルをしっかりと頭に入れつつ、皆さまには決してマニュアル的にならないように心がけて接するようにしています。
もちろん手本になる行政や、他の団体の良いところはしっかり参考にさせていただきながらも「こちら肉球クラブ」らしい譲渡会を目指しますのでこれからもさらによろしくお願いいたします。

仔猫が生まれたがどうしたらいいかわからに里親探しをしてほしい。
事情で大人猫だが譲渡したいので譲渡先を探してほしい。
または子猫を飼いたい、保健所の子を引き取りたい。
先住猫がいるがどういう子を次に迎えたらいいか?
近所の猫嫌いさんともめているがどうしたらいいか?
保護したい子がいるが捕獲はどうすればいいか?
家の庭でねこに餌をやっていたら、おなかが大きくなってきたがその事生まれてくる子はどうしたらいいのか?
地域猫としてやりたいがやり方が分からない教えてほしい

等々・・・・譲渡会はいろんな質問や相談の場所でもあります。
是非足を運んで相談されてください。たくさんのメンバーの知恵や経験そして団体としての対応で解決できることはしていきたいと思っています。

第23回譲渡会チラシ01ブログ用.jpg

----------------------------------------------------------------------------
下の記事の続きの情報です。
Sさんからの報告です。

「今日(5日)保健所に行きました。ホワイトちゃんたち、だいぶ落ち着いていました。
くーちゃん、やはりエイズ陽性だそうです。

うれしいことに、
三毛ちゃんのご家族が見つかりました。
昨日ご家族が迎えにいらしたそうです。

奥から手前に来たアメショときじの女の子しゃーと言ってますが、
触れました。
まだまだ緊張していますがちょっとずつですね。」

4月5日の状況.jpg

4月5日の状況2.jpg

34月5日の状況.jpg

4月5日の状況4.jpg
かため君だいぶ傷口もきれいになってきましたね。
しかもかためくんがペーストだけでなく、
かつおぶしタイプのパウチを食べれるようになりました!
この様子だとドライを食べれるようになるのも時間かと思います。

4月5日の状況6.jpg
たける君です。ちょこんと前足を出してかわいい、
たけるくん、30センチメートルくらいなら上がれるようです。

4月5日の状況5.jpg
写真の八割れくんが家族が見つかりました。 明日迎えにいらっしゃるそうです。

4月5日の状況7.jpg

4月5日の状況8.jpg

今日は猫じゃらしで遊んできました。
Sさん報告ありがとうございました。m(__)m
皆さんもこの報告をもとに保健所から猫たちを家族に迎えてください。










nice!(39) 
共通テーマ:ペット
迷子・お知らせ ブログトップ