So-net無料ブログ作成

いつもありがとうございますm(__)m



メールフォームです。お問い合わせにご利用ください。

こちら肉球クラブ」の公式サイトはアドレスが変わりました。よろしくお願いします。m(__)m

「こちら肉球クラブ」の分家肉球クラブカフェもどうぞよろしくお願いします。なかなか更新できませんがすみません

こちら肉球クラブショップ」細々ですがオープンしました。
前の15件 | -

迷子のお知らせと里親募集と多頭飼いのその後の事 [里親募集と迷子情報]

里親募集中のみきゃんちゃんです。

一時的の預かりをお願いしましたYさんから近況報告と写真が届きましたので掲載します。

みきゃんちゃん預かりさんの家で.JPG

みきゃんちゃん預かりさんの家で2.jpeg

みきゃんちゃん預かりさんの家で3.jpeg

みきゃんちゃんはとても元気です。おとなしくしていてもらいたいんだけれど、遊びたくて遊びたくて走り回っています。走っているときはびっこを引いているなんてわからないけれど、歩いているときははっきりとびっこを引いているのが分かります。本人は全然痛がっている様子もないし気にしている様子もありませんが。それでもマリエさんのおっしゃる「お嬢さん座り」をしますね。そしてゴロっと横になったままズルズルと移動するときがあります。それがとてもかわいいです。
遊んでいるときは「ミー」とか「ミャー」と鳴きますが、甘えるときは「メ~」と山羊のような鳴き方をします。
抱っこをして外を見るのが好きなようです。おとなしく興味津々眺めています。
先輩猫達とはまだ少し距離があります。なにせ先輩三毛は猫嫌いなので、遊びたくて側に寄っていくみきゃんちゃんに威嚇し、近づき過ぎると猫パンチ。でもみきゃんちゃんは全然負けていないしめげません。時々威嚇という方法で口答えしています。さすがに猫パンチのお返しはしません、というよりできません。自分の手のほうが短くて届かないということが分かっているのでしょうか。
それでも窓を開けて外気を入れてあげると、外のにおいは魅力的なのでしょうね。3匹揃って外のにおいを嗅いでいます。
ご飯は朝晩ほとんど完食。ただ家であげている缶詰がお口に合わないのでしょうか。缶詰は全然食べません。カリカリおやつとちゅーる、ミルクが好きなようです。
みきゃんちゃんは一人遊びもしてくれますし、手のかからない子です。
気になることがあるとすれば、一つは足の状態。生活するには何の問題もないですし痛がる様子もなく元気に走り回っていますが。もう一つはちょっとした動きに敏感に反応することでしょうか。私がちょっと体を動かしたりすると遊んでいても動きを止めてこちらを見ます。時によっては慌てて逃げ出します。ただこれは野良でいたときの名残りではないかと思います。まだまだ警戒しているのかもしれません。でも自分の居場所が安心安全なんだと分かってくれば、こんな行動も無くなっていくのではないかと思っています。

とにかく前預かりのUさんのお母様がとてもかわいがってくださったようで、みきゃんちゃんは人にも馴れていますし甘えん坊。足のハンデなど気にしないという優しい家族が現れてくださるのを待っています。
みきゃんちゃんの背中の模様が何ともいろいろ想像できる個性的な模様です。

Yさんお世話になりますが里親さんが見つかるまでの間よろしくお願いしますm(__)m

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
40数匹いました。多頭飼いのお宅から良い知らせが来ました。

先日の土曜日に大町で譲渡会を開いていただき、譲渡が決まった子が4匹、トライにでる子が1匹決まりました!
譲渡確定の子は、ハチと大五郎とから松とぶちです。トライは最年長のそら豆が先住猫さんのいるお宅にいきます。
今週中に譲渡されますのでうちにいる子が20匹をきりました。
子猫が減ってきているなか、成猫でも希望してくださる方々がいてくれることが嬉しいです。

飼い主のKさんの努力もあるとは思いますが、猫たちが皆性格が良くおとなしくてかわいげのある子たちなので、仔猫でなくても決まっていくのだと思います。20匹を切ったとの知らせに元気が出ました。それぞれのお宅で幸せになれれば本当にうれしいです。良かったですねKさんもうひと踏ん張り頑張りましょう。(*^^)v

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
迷子のお知らせです。

アカトラ.JPG

アカトラ2.JPG

ルネ・メス・4歳・茶白(アカトラ)20日(土)の朝から、長野市の三輪の自宅からいなくなったそうです。鼻と口と肉球(毛が生えていない部分)に「黒いブチの点々あり」アゴをケガしたことがあり、右の牙が折れてしまっています。

見かけた方保護してる方がいましたらご連絡いただけると幸いです。



nice!(38) 
共通テーマ:ペット

majiyoさんありがとうございました。 [お知らせ]

majiyoさんが亡くならてもうだいぶたちましたね。本当にすごい方でした。このブログを通じて知り合って、記事を読ませてもらって、何と最後には猫あっちのために使って下さいというご寄付までいただきました。通帳にお名前が・・・・・メールにもしっかり明記されています事大事な思い出でもあり、宝物でもあります。娘さんが4月7日に納骨を済ませたという記事が書いてあったのでこちらで桜の献花をさせていただきます。いつも犬のミルとの散歩で写真を撮ってきた空き家の一本の枝垂れ桜、今年は本当に見事でした。たった5分ほどのお花見でしたがたくさん撮ってきたので掲載させていただきます。娘さん、どれか一枚持って行ってくださいねm(__)m

IMG_0923.JPG

IMG_0914.JPG

IMG_0916.JPG

IMG_0915.JPG

IMG_0917.JPG

IMG_0918.JPG

IMG_0920.JPG



nice!(30) 
共通テーマ:ペット

近況写メとお願いしたい事(^^)/とお知らせ [お願い]

私たちは個人のボランティアのグループです。NPOではなくあえて小さな団体ということで活動しています。やっている事は
譲渡会(保護猫に里親さんを見つけるための会です)
一時預かり(数名でチームを作って、保護した猫を一時預かって、里親さんにバトンタッチするまでの間お世話をする)
販売(譲渡会やイベントなどでオリジナルのグッズを販売して活動費にしています)
捕獲する(保護するための猫の捕獲)です。

少し前までは地域猫の事をやるのは無理、止めておくという方針でした。非常に時間と労力がかかるのでとても個人の団体では手に負えません、まずは地元の行政と組む必要があるのですが市町村の中でもそういう話を進めてくださるという時間が取れません、しかもまだまだ理解していないという所も有りました。また行政から地元の自治会(区会・町内会)に下ろしてまとまりを作ってもらい、その後私たちが話に行くという道筋を本当に時間がかかってしまって取れないため、では自分たちで直接自治会に話をもっていこうとすると、聞く耳を持ってもらえないと言う事から、話しすらできないという壁にぶち当たってしまいます。それでは本格的な「地域猫」ではなく、単にTNRに切り替えて今困っているその場の調整をしようと試みると、これまたいろいろな問題があって捕獲とか、その後のえさやりさん確保のことなどがなかなか決まらず、できないと言う事ことになってしまうのです。やはりどう考えても、保健所や市町村のバックアップがあって地元の自治会が協力体制で住民の説得をして、不幸な猫を増やさないようにする、増えなければ数年の我慢で(3年前後)でその場から猫たちは消えていなくなります。子猫も生まれないです。さらには一匹でもなんとか救えたら里親募集したい言う事、この思いがなぜ伝わらないのか、一緒にやっていこうとする気持ちがなぜ動かないのか不思議です。

私たちの会は私を除いて全員がお仕事されています。職種も様々です、休日も不定期、勤務時間も不定期、ですがみなフルタイムで働く中、ほんのちょっとの時間でもなんとか猫たちのために手伝いたいという思いから協力してもらっています。どこのボランティアの皆同じです。共通しているのは生活のために仕事を持っている、家族がいて家のことなどもしなくてはならない、もちろん自分の言う絵の猫たちの面倒も見る・・・・好きだから当然でしょうと思われているようですが、それだけでは動くことはできません、やればやりほど奥が深く多くの仕事が山のように押し寄せてきます。猫がかわいいかわいそう大好きという情の部分だけではなく、私あっちを動かしているのは、本当に飼い主のいない猫たちが生きずらい世の中にしてしまった人間社会の反省も含めての事です。交通事故や虐待はもちろん、ちょっとした人からの心無い仕打ち、子猫は生まれれば捨てれば良いと言う事、見かけたら蹴飛ばせばよいという発言そういうあってはならない事を未来ある子供たちに見せて良いのでしょうかという事まで含めて、何としても共存しながら、同じ地球に生まれて生きるものとして認め合うこの理想を理解してもらいたいがため頑張っています。

依頼の電話などではボランティアなんだからやるのが当然、という態度で話される方もいます。が皆ボランティアはネル間も削り、自分の事は二の次にして一生懸命にやっています。会のメンバーのその姿は本当にけなげです。他の団体でも体調を崩したり、嫌な思いをして挫折してやめていく方も多いと聞きました。ですがそれではせっかくの思いが途中で切れてしまいます。気持ちがあったら、無理をしない事が一番です。できる範囲でのお手伝い協力こそがボランティアの活動を長く続けていけます。そのためにも常に足並みはそろえて、「それできないなら少し手伝うよ」とお互いの信頼関係の中で声をかけることが大事だと考えます。
私あっちは地域猫の事は無理とはじめはあきらめていました。ですが、何とかそこもやりたい、やれるのではというメンバーもいます。地元の話し合いをするためには何から手を付ければ良いか、模索は続きますが、政治の力も借りて行政を動かし自治会を説得し、そして一般の方への理解も得る。またはその逆方向から、一般お方を説得してその声を行政にもっていくそこから自治会へという流れ、どのようにしてもよいですが、限られた人数・時間の中で最大限の知恵を絞って、動物ボランティアとして「こちら肉球クラブ」の会としてやれることをやっていかなければと思いました。もし、何か一つでも手伝おうというお考えのある方、なんでも歓迎ですどうかお力をお貸しください。

ーーーーーーーーーーーー
以前後ろ足が開示症になってるのうさぎの里親募集をしましました、あれから一時預かりをしていたHさんの息子さんが飼うと事になって今愛知県の方にいます。その後はとても元気にしていて、ホームセンター方ぢ来とって良かったと喜んでいます。

名前はタイロン君です。メスではなくオスだったようです。(#^.^#) 写真は送ってもらったのですが拡張子が違って開かないため少し前のものです。
ウサギ.JPG

Hさんの息子さん、末永くよろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
迷子だったみやちゃんも今トライアル中ですがお家ではすっかりなじんで。ほぼ決まりだと言う事です。

みやちゃん里親さんの家で4月15日.jpeg

みやちゃん里親さんの家で4月19日2.jpeg

Kさんどうぞよろしくお願いします。m(__)m


猫嫌いのポンっちゃんは正式に決まりました、猫のいないお宅でリラックス里親さんとは早くも一緒のお布団で寝ているそうです。一匹飼いでじっくりかわいがってくださる理想の飼い主さんい巡り合えたこと本当に良かったです。本日譲渡契約書も届きました。ありがとうございました。

ポンっちゃん里親さんの家で.JPG

ポンっちゃん今度こそ幸せにね。ご心配いただいた皆さんありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーー
追記です

TOTOのイベント.jpg

21日(日)午前10時から午後5時までの間 TOTOの長野ショールームして、メンバーのご主人の会社でイベントがあります。そこにまた参加させていただいて、オリジナルのグッズの販売をします。またメンバーのNさんの「山ねこキッチン」さんのクッキーの販売もさせていただく予定です。イベントと合わせてこちらの方もよろしくお願いします。m(__)m


nice!(49) 
共通テーマ:ペット

里親様からの近況写メとさらに里親募集 [里親募集・近況写メ・]

時々近況写メを送ってくださり、その後の様子などをお知らせいただいています。Iさんから平成最後の近況写メが届きました。以下は全文です。↓

「今年、年始めには早く暖かくなりそうな気配を漂わせていたのに、桜も足踏みするほどの寒さが再来しております。おかわりございませんか?
ましゅまろことまろもおじさんのそらもそれぞれ元気にまた1年を重ねました。譲渡会から6年、まろは成人猫の大きさでこれ以上は大きくなることもない一定のサイズに達し、相変わらずのお転婆おばちゃんです。自分のテリトリーを奪われたり侵されたりすることもないので、この頃はおトイレの後の砂かけお掃除を省略しているのですよ、やれやれ。
そらは野良ちゃん時代の出会いから既に5年半が経ち、完全屋内生活4年となりました。加齢に伴い歯が弱わり上顎の牙が二つとも抜けてしまいました。でもご飯はしっかり食べています。夜就寝前に湯たんぽを入れてあげるとその上を陣取ってほぼ爆睡しております。
肉球くらぶの皆様、今年もどうかそれぞれご自愛のほど活動されますように。」

そらくん、なんだか渋い感じになってきたのかな(^_-)-☆ 
そらちゃん平成最後.jpeg

被り物が似合うましゅまろちゃん(^^♪
ましゅまろちゃん平成最後2.jpeg

ましゅまろちゃん平成最後.jpeg

いつまでも健やかで幸せにね♪ Iさん、ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして、沢山飼っているおたくのWさんの所の子も再度里親募集です。40匹を超える猫たちがいたことで借りているお宅を出なくてはならない、期限は3月いっぱいと言われて、大慌てで里親募集を始めました。飼い主さんも頑張って手術をすることに積極的に参加、丸投げではなく費用の事も含めて頑張ってくれました。あちこちで聞く多頭飼いの崩壊にはならず少しずつではありますが、里親さんにも恵まれ、全頭手術もワクチンも済ませることができました。松本のこねこの会さんの協力なくしてはこの事は進まなくできなかったと思います。本当に感謝しています。松本でもまた、さらに上田のボランティア団体も協力してくださって譲渡会に参加できたと言う事です。たとえ離れていてもボランティアの気持ちはみな同じです。不幸な猫を増やさない、今いる子は幸せに、病気の子はできるだけ治療をする。このことで一丸となって動きました。改めて皆さんの心意気を感じました。ありがとうございました。
 
3匹の里親募集の子.jpg

茶白ちゃんとキジトラ.jpg

この子たちはすぐにでも里親さんにもらってもらえる子たちです。お見合い可能です。5月にまた譲渡会をやりますがその時にも来る予定です。皆性格が穏やかで、猫風邪の治療も終えていて元気です。名前もついているのですが・・・・ちょっと私からはよくわかりませんので茶白・キジトラ・黒・キジ白という感じでお声をかけてください。成猫です。初めて飼う方、以前飼っていて今は飼っていないという方、先住のお友達にもう一匹飼いたいという方などにこの子たちは適しているように思います。ぜひお問い合わせください。お見合いもお届けもこちらからお世話いたします。m(__)m

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そしてまだまだ春には遠いこの頃ですが、去年からかかわっています信濃町というところもこれからTNRを進める予定です。手術をしない事でどんどん増やしてしまったお宅の周辺は常に多くの猫がいる状態です。毎年増えているため、何とかここでストップさせないと、周辺の迷惑はもちろん、猫たちにとってもなにもよいことはないです。事故で死骸が見つかったり、病気になっている子もいたり、ご飯がまともに食べれないので、餓死する子もいます。猫を嫌いな近所の方や、商店の方からの苦情もあります。追い払われて人間不信になっている子や、逆にえさをもらって生き延びている子そしてそこでまた増えてしまう・・・・この悪循環を断ち切らないとということで去年メンバーが通ってくれました。増やしているお宅と交渉してまずはそこのおうちの子を全部不妊化手術をしてもらうことに、5匹中4匹まで済ませて後残り一匹だそうです。また外にいる子たちも5匹、こちらは野良として生きているため捕獲も難しいです。
雪がまだまだ有ります。警戒心も強い子たちです。ですが、何とか手術はやっていかねばなりません。その子たちに冬の間中毎日ご飯をあげてくださったFさん、本当にありがとうございました。雪のある間はこちらからは通えなかったのですがこれからは段取りを整えてやっていくつもりでいます。さて、メンバーは皆仕事を持っていますし捕獲をするにはなかなか時間もとれません、協力してくださる方を募集したいと思います。信濃町方面の方是非お問い合わせください。

昨日、信濃町の某所でヤマトとタケル君兄妹を保護してくれた方と電話で話しました。あの兄妹も元は増やしてしまった家の近所の子たちから流れてきた子だという話でした。猫の好きな方はそういう情報を共有しています、話をお聞きしたらみなつながっていることに驚きました。そこでTNR後のエサやりさんも紹介してほしいと頼んだところ・・・・探してはみるけれど・・・・ちょっと・・・・という口を濁したお返事、どうも周辺ではオスは手術するがメスはしないという事も有りほかでも増えている事、おなかの大きなメスはかわいそうだから手術しない、だけど生まれたら山に捨ててくると言う事、でした。そういう考え方があるため、やたらに増えて困るという反対の方たちもいるのでエサをやることはなかなか難しいよね、という話でした。妊娠したメスを手術するのはかわいそう?と言ったって、では生まれた子猫を捨ててくるのはかわいそうではないのでしょうか?とその矛盾を言ったら、その方もそうなんだけど、その理屈が分からない人間が多いのだと嘆いていました。ここはTNRの必要性、捨ててくるのは愛護法違反にもなることを啓発啓蒙、広めていかなければなりません、そこをどうすれば良いのかまた一つ課題が増えました。ノラたちの不妊化手術だけやれば良い、エサやりさんを確保すれば良い、というだけでは済まされない、大きな課題です。この課題は私たちのような個人の小さなボランティアの集まりだけでは解決できません、時間はかかっても作戦を練って一歩ずつやっていくしかないと思いました。

2月の画像ですが、すっかり元気になんた信濃君(信ちゃん)です。がりがりに痩せて猫風邪がひどかったのですがメンバーの家で保護してもらい回復しました。明日の県の保健所の譲渡会に出す予定とのこと、そちらで会えるかもしれません、ぜひお声をかけてください。

信ちゃん2月最新.JPG

長野県長野保健福祉事務所 長野市中御所岡田町、にある県の保健所10時半から12時まで地下犬舎にて行われます。どうぞよろしくお願いします。



nice!(55) 
共通テーマ:ペット

譲渡会の結果報告 [譲渡会]

更新が遅れていて申し訳ありませんでした。またしても具合が悪いのではというご心配までいただいて恐縮です。(^-^;

この2週間さぼっていたわけではなく、いろいろ細かい動きとか大きな出来事とかもあってどこからまとめて良いやら悩んでいるうちにあっという間の2週間でした。皆さまの所へ訪問して記事を拝見するのがやっとでした。正直年齢の事も有り、以前のようにてきぱきとまとめられなくなっていますこともあります。昨年からの譲渡契約書の整理、トライアル先への連絡、新たな活動に向けての計画書、新年度となる更新手続き、まぁもろもろややこしい相談事等々、今日こそ記事アップせねばと思いつつも一向にはかどらず、冗談抜きで限界を感じています。

誰かぁ~~~変わってぇ~~~と言いたいですが、ちょっと無理みたいで(笑)無報酬とは言え仕事となってしまった事どうやってまとめていくがが課題となってきました。
まぁ、そうは言っても、この活動に終わりはなく、どんどんと広がる一方なので覚悟を決めてやるしかないようです。

3月24日の譲渡会はとんでもなく忙しくまたしても写真取れませんでした。準備中に撮った全体の感じのみですが掲載します。

ブログ用.jpg

ブログ用3.jpg

ブログ用2.jpg

ブログ用5.jpg

お気づきの方もおられるように机をコの字型に並べました。内側が空きすぎたので次回は寄せて通路側を広くします。いつもはただ2つを並べて置いていたのですが、どうも狭い、ケージを置くのが大変との言う事もあって、メンバーの提案を採用しました。これだと希望者さんと対面式で話せますので確実です。また写真を撮るのにも一周すれば全部とれるので楽です。(なのにも関わらず、撮り忘れるとはショックでした)

来場者は36組61名の方が来てくださいました。皆さま足をお運びくださいましてありがとうございました。ケーブルテレビのニュースの取材の時もしゃべったのですが、毎回来てくださる方の意識が高くなって、保護猫を家族に迎えよう、子猫でなくても大人猫でも良い、多少のハンデは関係ないよ、一匹でも幸せにしたいから、という方が増えてきています。
みなもとは野良猫、またはその子たちが産んだ仔猫、なんらかの理由で保護された子たちです。けがや病気の子もいます。できるだけ治療して、人なれをさせ、きれいな状態にして譲渡会に参加しています。保護した一般の方、引き取ってくれた一時預かりさん、ほかの団体の皆さんもみなそれぞれその命を何とか幸せにしたいという思いから頑張ってお世話してくれています。

うにちゃん.jpg
うにちゃんは前回の譲渡会(1月)でこちらの会で引き取りました。カリシウイルスに侵されていてミルクしか飲めなく成長が遅かった子ですが、検査と治療に大変な費用と時間をかけて回復見違えるようになって、この度めでたく希望者さんが現れました。今トライアル中です。このまま正式に譲渡となればメンバー一同心から嬉しく思います。頑張れうにちゃん!と思わず応援したくなります。
また、後ろ脚を骨折していたみきゃんちゃんは・・・・
みきゃんちゃん10.jpeg

希望者さんにつながりませんでしたので、先日別の一時預かりさんにお願いしました。こちら肉球クラブの協力者の方にバトンタッチ、次の譲渡会までお世話をお願いしました。順調になじんできたようです。後ろ足をかばって歩いてはいますがほぼ回復しているとのこと、完全につながる日も近いかもしれません。

今回はいろいろと改善しました。細かいことではありますが、最近増えた小さいお子さんへの対応、注意書きのパウチも用意して、猫を刺激しないようにお願いするようにしました。
譲渡会場は猫も人もたくさん集まります。エントリーしている子たちにはストレスも考えられますので、なるべく静かに見ていただき、お世話している者と直接お話しされてくださいというように勧めています。

またワクチンの済んでいない仔猫などを抱っこした場合を想定して、今までも手の消毒もお願いしていますがいつも皆さんなかなかそこまでやっていないようですので、すべての机の上に一本ずつ置いて、振れたら手の消毒をお願いするようにしました。

細かいことではありますが、脱走防止のためキャリーバッグごと包むネットや救急箱、注意事項のパウチなど皆まとめて一か所に置いてありますので必要な方はご利用ください。

迷子だったみやちゃんにも希望者さんが現れて、トライアルに入りました。保護してくださったHさんもご検討いただいていましたが、転勤の事を考えて断念されました。非常に残念なことで、この決断は苦渋となりました。みやちゃんのためにも仕方ないとあきらめてくださいました。Hさんいろいろとありがとうございました。

他に多頭飼いのお宅の子2匹が決まりました。合計7匹に希望者さんが現れてトライアルに入りました。ありがとうございます。(#^.^#)

新しい年度もTNRや譲渡会、また多方面において相談者されてくる方の困りごとに真摯に向き合って解決策を探っていきたいと思っています。
年齢の事を冒頭で書きましたが、そういう状況でもまだまだ頑張るつもりではいますのでよろしくお願いします。m(__)m


nice!(57) 

譲渡会を前に、欠席の子の紹介と、近況写メと迷子のお知らせ [迷子・里親募集・写メ]

去年の初頃依頼のあった里親募集の子ですが、兄弟はもらわれましたが、2匹残っています。マロちゃんとシロちゃん、すでに10か月、オスですが保護していますTさんからの連絡です。

遅くなりました。
チーちゃんの子供のマロ♂の写真送ります。
もう一匹のシロ♂は逃げ回っていて撮れませんでした(-_-;)
マロは大分なれてきてますが、もう少し時間がかかると思います。
去勢手術のタイミングも迷ってます。
せっかく慣れてきたのに、やなことされて心閉ざしてしまわないか心配なんです(--;)

母猫チーちゃんは避妊手術後は順調に回復し元気にしてます(^^)
子猫とは別の部屋で隔離したまま生活させてます。
一匹だけにしたら寂しくなって、少し人間に慣れるかと思ってそうしたのですが、いまだに触らせてくれません。
やはり同じ生活圏内にいないと慣らすのは難しいのでしょうか。
とにかく大変ですが、猫たちは幸せになってもらいたいので、最善をつくしたいです。
今日はマロちゃんだけの写真ですが、よろしくお願いいたしますm(__)m

ということです。事情でずっと譲渡会を欠席していたため募集できませんでしたが今回からまたお願いしますとのことです。真っ白い子です。白猫が好きな方はぜひおみあいしてください、今回は会場には来れませんが、お問い合わせしていただければ紹介します。

マロ君2.JPG

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
3年前に里親さんにもらってもらったミルク君です。

近況写メが来ましたので掲載させていただきます。Kさん、ありがとうございました。

こたつの上でも寝てます。(笑)かわいい~~
3年前にもらわれたミルクちゃん6.jpeg

3年前もらわれたミルクちゃん3.jpeg

3年前もらわれたミルクちゃん4.jpeg

3年前もらわれたミルクちゃん5.jpeg


素敵なメッセージカード?にしてもらったのかな?
3年前もらわれたミルクちゃん2.jpeg

すごく小さくて、はかなげだった子がこんなに大きくて立派になりました。と思ったら飼い主さんが言うには標準だそうです。( *´艸`)幸せな寝顔に本当に癒されますね。どの子もミルク君のようになれますように(^^♪

ーーーーーーーーーーーーー
迷子のお知らせです。
北君の保護した方が偶然チラシを見てこちら肉球クラブを紹介してくれました。キジ白の子です。

「昨年の12月30日頃稲荷山コメリー近くの自宅から家出をしてしまいました

特徴、雄 2才 去勢しています
とても人懐っこいです
手足白いです」

みー君です。
みー君・正面のかお.jpg

みー君・おす・2歳.jpg

みー君・おす・2歳2.jpg

みー君・おす・2歳3.jpg

いつ脱走したのか気が付かないうちにいなくなっていたとのこと、一番寒い時期なのでとても心配しています。見かけた方はご連絡ください。

稲荷山方面でなくてももっと遠くへ行っているかもしれません、北君はかなり遠くまで来ていました。連れ去りかその後遺棄かもしれません、ちょっと外に出てしまったために大変なことになってしまいますので、脱走防止にはくれぐれもお気をつけてください。

Kさん、あきらめずに探しましょう。保護している方または知っている方は連絡をお待ちしています。


----------------------------------------------------------------
里親様から写メの追記です。
あの海藻兄弟のなかのもずくちゃんの里親様から写メが届きました。

「9月9日にもずくを引取ましたOです。
お久しぶりです。
もずくが我が家に来てくれて約半年たちました。
もずくという名前も気に入っていましたのでそのままです。
もずくを引き取る前は16歳のおじいちゃん猫を飼っていて、
子猫から飼うのは本当に久しぶりで、子猫のパワーに圧倒されつつも、毎日楽しく暮らしております。」

半年後の姿を見てびっくりしました。ちっこくてまだミルクを飲んでいた乳飲み子だった子が(^^♪

もずくちゃん里親さんの家で2.jpeg

もずくちゃん里親さんの家で.jpeg

Oさん、ありがとうございました。どうしているかな?と思っていたところに写メが届きうれしいです。今後ももずく君よろしくお願いします。


兄弟の子で母猫に隠されてしまって保護ができなかった子、イロロ君も今回の譲渡会に出ますので皆さん会いに来てください。
nice!(72) 
共通テーマ:ペット

里親募集の子たちとお知らせ [里親募集]

保護してくださったS市のTさんからの手紙と写真を掲載します。手書きのためそのまま書き写します。↓

「今年に入って1月の24日に左手の先が骨折しており手術をしました。今月の24日で2か月になります。手術して2か月間は骨が固まるまで塩とに出してはダメと言われ一か月間は何とか病院で預かってもらいましたが、2月の終わりから家に入れ、家の猫たちもクロ自身もストレスで大変です。最初は触ることもできなかったクロが今は痛みもとれてうれしかったのか、慣れて抱っこもできるようになりました。おとなしく手変えあいいです。顔は恐そうですが先生のも看護師さんたちにもノラとは思えないくらいかわいいと言ってもらいました。最近は眼が具合が悪くめぐ井須利をつけていますが、だいぶ良くなってきました。骨折の方はもう大丈夫です。今まで外にいた猫ですが、骨折したので、おとなしくなって急に外に飛び出すことはないと思います。去勢手術も済ませました。ワクチンはまだやっていません、「おいで」っていうとすぐによってきます。かまってほしくてすりすりしてきます。すっかり慣れています。よろしくお願いします。」


IMG_20190316_0001.jpg

県の保健所の譲渡会で良いご縁にめぐまれませんでしたので、今回にかけています。クロちゃんに会いに来てください。m(__)m


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつも譲渡会に参加されています。ベテランの預かりさんMさんも前回エントリーの子たちは皆決まったという報告がありました。うれしい限りです。
新たな子を保護したということで参加されます。この友よろしくお願いします。


コウ君・10か月.jpg

コウ君10か月・手術済.jpg

キジトラの雄 10ヶ月
仮名 コウ
手術、駆虫済み
人慣れしていて咬んだり爪を出したりしない穏やかな性格でとっても可愛いです

ーーーーーーーーーーーーーーー
北野文芸座で保護した子2.jpeg

迷子の保護猫きた君が飼い主さんの元に戻りました。拡散していただきました。皆さまありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
去年の夏から独居老人の方から引き取っていたシロちゃんが今日なくなりました。いろいろなんメンバーからの応援、励まし、お見舞いなどもあって一時預かりのMさんとKさんのお二人には頑張ってもらいましたが、今年になって容体も変わってきて、ステージ4にまでなっていたのでいつその日が来るかとハラハラしていましたが、シロちゃんは手厚い看護のすえ、旅立てたと思います。MさんとKさんありがとうございました。

最後の写真を昨日送ってもらったばかりでした。体が冷えているということで新しく飼ってもらった服を着せてもらって、自力でお水を飲んでいますが、思うようには飲めていなかったとのこと、体温調整やら、ご飯やらこれからどうやろうと考えていた矢先の急変、あっという間でした。
残念ですが、シロちゃんが最後に安心な場所でゆっくり生活できたことはよかったと思っています。シロちゃんの冥福を祈りたいと思います。

シロチャン.jpeg


nice!(45) 
共通テーマ:ペット

里親様からの写メとお知らせ [近況写メとお知らせ]

譲渡会にいらしてご希望された子が当日来ていなかったため、一般の方が保護した子でしたので、後日お見合いしていただいて、メンバーが搬送しました。長野市からは少し離れた場所でしたのでメンバーには注意点など良くお話ししてもらって、トライアルに入っていただきました。一か月間様子を見たいというご希望もあり、この度正式譲渡となりました。
保護したFさんとは時々メールでやり取りされていたとのこと、きちんとした好青年と安心していました。アンケートを見たり直接譲渡会の当日お話しさせてもらって、わたしはこの方なら大丈夫と思いましたので、お知らせいただいてほっとしました。(^^♪
いただいた写メをそのまま掲載させていただきます。

「先月の9日よりトライアルさせて頂きましたミーちゃんですが、
最初のうちははやり物陰に隠れ、エサの時間しか姿を見せてくれない日々が
続きましたが、ある日を境に急に懐いてきました。
今ではもう完全にゴロにゃん状態で、ストーカー猫になってしまい、
家の中を歩くだけでも一苦労です 笑
薪ストーブの前で膝の上でゆっくり寛いでくれるほど懐いてくれました。
毎朝、出社に遅れそうで大変ですが、これからミーちゃんと楽しい
猫生活を送りたいと思います。
写真を添付させて頂きます。」

ミーちゃん.jpg

みーちゃん.jpg

Tさんありがとうございました。2回目のワクチンは4月に入ってから受けに行くと言う事もお約束していただき、新たにミミちゃんとという名前を付けてもらいました。本当によかったです。Tさん末永くどうぞよろしくお願いします。m(__)m

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以前も書きましたが、長野市からだいぶ離れたところのある町で多頭飼いをしているお宅があります。行政指導も入って、今月中に家を出なくてはならないから何とか里親募集をしたいと、相談されました。私達がシェルターを持っていればともかく、40匹以上いるという子たちを引取れませんので、1月の譲渡会にまず2匹連れてきてもらいました。その子たちは、その時に運良く決まったのですが、まだまだ沢山います。
昨日協力してくださった、というよりかほぼ全部主導して手術とワクチン接種をしてくださった松本の「こねこの会」さんからリストをもらってびっくりでした。( ;∀;)

まずメス猫は26匹中決まった子は2匹です。
8か月から8歳までいます。三毛と茶トラ・キジトラが多いです。

オスは22匹中決まった子は4匹とこちらの預かりのうに君がいますが、茶トラ・サバとら・白黒
がほとんどです。4か月から6歳までいます。

うにちゃん.jpg 元気になったのでもう大丈夫と思います。

皆、性格は穏やか、トイレとかも心配はないようです。猫風邪の治療中という事でしたがそれもだんだん良くなってきているとのことなので会いに行かれてお見合いは可能です。お問い合わせください。また松本の方で譲渡会も開いてくださるとのこと、16日(土)午後1時~3時、場所は松本合同庁舎内、犬舎に於いてと言う事です。

こねこの会さんの譲渡会.jpg

こちらへもぜひ会いに行ってください。

かいぬしのKさんも私たちに丸投げではなく、必死で一緒になって頑張っています。手術やワクチン治療などにかかった莫大な費用も、しっかりと分割で返すことを承知しています。
家族に迎えた方もみな良い子だと言って下さっていますので是非お問い合わせください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
千曲市の方のある地区ですが、そこの自治体の役員の上の方がこんな事を発言をしていると聞きました。
「野良猫にエサをやるからいけないのだ!」とか、「この辺の住民はみな猫が嫌いで苦情を言う人ばかりだ!」とか・・・・異議あり!!ということでそう言われた地元の年配の方が立ち上がりました。「エサをやるから増えるのではないのですよ、去勢や避妊手術を徹底すれば増えませんよ!」とTNRのことを説明してくれたそうです。また苦情に対しては「糞尿がどうのという文句を言うくらいなら、どうすればそれを避けられるか、ボランティアの方達を交えてまずは話し合いをしましょう」と持ちかけたのですが、それを拒否するかのようにその方を排除しようとしているとのことでした。近隣の住民に根回しして、その方とかかわらないようにと手をまわしているようです。なんと失礼な事でしょう。
皆さん、困っているからこそ、より良い環境にしてはという提案から話し合いの場を持ちたいと言っているのに、以後、その関係の方に電話しても出ないし、自治会の総会も門前払いだったそうです。どう思われますか?この対応、いかにも面倒だからかかわりたくないという態度ですよね。

地元は自治会が動かないと住民が困るだけです。重要課題の一つとして話し合う場所、日時を決めてその年配の方の言い分と、ボランティアの説明を聞く耳を持ってほしいと切に願います。

私たちは嫌いなものを好きになれと言っているのではなくまた、猫たちに愛護法通りの世話をしろとその人たちに押し付けているわけでもありません、ボランティアの力を借りて捕獲・手術(搬送など含む)・エサやりの的確な指導をする。その前段階としての話し合いをしましょうと持ちかけているのにその場すら持とうとしないで避けている。という事、どうも納得できない展開です。
地元のボランティアの方には頑張ってもらって、そこの担当部署である環境課に手助けしてもらい、地元の猫が嫌いという人たちにこういうやり方もあるのだということを積極的に指導・誘導・理解を求めていってもらうよう働きかけてもらいたいと思います。

私たちも去年から何回も何回もこのことを地元の自治会に働きかけてきました。そのトップの方が私と話したいと言う事でしたがいまだに連絡も来ません、本気で面倒だから避けているとしか思えないです。自治会が本気で猫の対策を始めないと、あちこちでまた不幸な猫たちが増えます。春になると子が生まれてしまいます。今、ピンポイントで気を付けている場所は2か所そこの子たちがまた10匹単位で増えたらどうするのか・・・・・川や山に捨ててくれば良いと考えてるのでしょうか、ぞっとします。そういう考えしかない地区なので、話し合いが必要なのです。

行政とボランティアと一般の住民の方の3者が協力体制でやらないと不幸な猫は増え続けます。
エサをやるから増えるのではない事、生まれたら捨てれば良いと考えていることをストップしないとなりません、愛護会とかボランティアはただの猫好きの集まりだという方もいました。そうではないということを理解してもらいたいと思います。




nice!(52) 
共通テーマ:ペット

里親様からの写メとお知らせ等 [近況写メとお知らせ]

41匹いるという多頭飼いのお宅の子たちを3匹先月の譲渡会に連れてきました。そのうちの一匹のアレク君が一時預かりをお願いしていた方にそのまま家族にしていただくことが決まりました。ちょうど譲渡契約者が届きましたのでこちらに近況写メという事で掲載せていただきます。
以下いただいた分をそのまま掲載します。

「アレクも我が家の一員になって一ヶ月が過ぎました。
来た日から5日目までは元気がなく、飲まず食わずで心配しましたが、今では一番良く食べ一番良く遊び、頼もしいお兄ちゃんです。

先住の雌猫達とはすんなりと仲良くなりましたが、雄猫達には顔を合わせれば必ずアレクの方がビンタを食らわすという(笑)

きっと最初が肝心で舐められたくなかったんでしょうね(笑)

でも今ではビンタもなく、全員が仲良く楽しそうに暮らしております。

びっくりしたのがアレクの歌謡ショーです。
突然大きな声で
♪オエ~~ビエ~~ボエ~~♪
と歌い始めます。

我が家ではそれをジャイアンリサイタルと呼んで、今では大笑いしながら楽しませてもらってます♪

大きな身体で私にひしと抱き付き、頬を寄せてじっと動かないアレク、泣きじゃくった後のような赤い鼻、とても美味しそうにフードを食べるアレク、猫総出のサッカー遊びに燃えまくるアレク(*Ü*)

最初は預かりボランティアの予定でしたが、こんな面白可愛いアレクを手放すなんて考えられなくなってしまいました(^^;
私のわがままを聞いて下さり有り難うございました。

アレクと出会えて本当に良かったです、これからも6匹で仲良く楽しく暮らせるよう努力していきます。」

アレク君里親さんのところで3.jpg


アレク君里親さんのところで2.jpg

アレク君里親さんのところで.jpg

こんなになれて、新しいお家になじんでいるとは‥‥うれしい限りです。Mさんありがとうございました。アレク君も良いご縁に恵まれて本当に幸せです。末永くよろしくお願いします。

もう一匹のだいず君は他の子と一緒に今トライアル中ですが、こちらも決まりまして、契約書を遅らせていただきました。

体調不良だった、うに君もすっかり元気になってこの通り

うにちゃん.jpg

譲渡会にエントリーしますので会いに来てください。

のこるは35匹ほどとなりました。管轄の保健所のHPにも掲載されているようです。4匹はトライアルになる予定だとか、30匹は残っています。16日の松本の譲渡会と、24日のこちらの譲渡会と何匹決まるかドキドキですが、ほかの子たちにも良いご縁がありますように願っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お知らせです。
会の発足してしばらくたったころからずっとチラシなど張ってもらって宣伝してもらったりチャリティーカレンダーも販売してくださっています。長野市内で初めて開業した、猫カフェ「なる」さんが、今回募金箱を設置してくださることを申し出てくださいました。オーナーのUさんは私たちの活動に賛同してくださって、いろいろと協力体制でいてくださっています。先日も新しいメンバー希望者さんを紹介してくださいました。(*^^)v すでに前回からお手伝いいただいています。

Uさんは「ねこカフェが猫を知るきっかけになったり、ねこと幸せをシェアできる場所になればいいなとおもっていますのでただ可愛かったとかで終わらないのが希望ではあります。ねことお客様のいい関係も気づくのが目標です。」とおっしゃっています。

こちらから紹介した。行き場のなくなった血統書付きの子も引き取ってくださいました。先輩のスタッフ猫たちともうまくやっているとのこと大変ありがたいことです。
2月の半ばにちょっとだけお邪魔しました。(カレンダーの代金の回収に)Uさんとはその時初めてお話しさせてもらったのですが、(実は最初はご主人の方とだけお話ししてましたので)とっても美人で、やさしそうな感じの良い方でしたよ、猫たちの事お客さんに一生懸命説明されていました。じゃがりこのつくねちゃんバージョンを3パターン買って帰ってきました。( *´艸`)
つくねちゃんはその時風邪をひいて欠席でしたぁ~~今は元気になったとのことです。会いに行ってくださいね。
ネコカフェ「なるさんの店長ブログもご覧ください。

募金箱はこんな感じで設置されています。箱の上の白いところにお金を置くと‥‥面白い事が起きますよ( *´艸`)

なるさんの募金箱.jpg

このレジの横のスペースはみんな大好きなのかな?奪い合い(笑)私が行ったときは他の子が乗っていたような?

Uさんお世話になります。お客様もどうぞよろしくお願いします。m(__)m

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メンバーのMさんが始めた「和猫本舗」のお知らせです。
昨年クラウドファンディングで資金も集めましたが残念ながら最初の予定の場所では開業できないという事が分かって、仕切り直し、孤軍奮闘の末、同じ地域の方の協力などを経て無事1月から開店となりました。

和猫本舗外観.JPG

古民家をリニューアルした。懐かしい感じのモーニングと名古屋きしめんを出すお店です。猫たちは別のところにいて、ガラス張りで様子はうかがえます。アレルギーの方でも見れるというし組だそうです。

和猫本舗内部.JPG

テラスの猫たち.jpg



場所が分かりにくいとのことですが、会報のほうに連絡先と住所を掲載していますのでご確認ください。また遠方よりお越しの方はこちらにお問い合わせください。


nice!(61) 
共通テーマ:ペット

迷子の情報と新規の里親募集です [里親募集と迷子情報]

2月25日(月)に長野市権堂北野文芸向かい表参道で迷い猫を保護しました。
〈特徴〉
・と〜ても人懐こい
・推定4〜5歳
・多分去勢済みのオス
・鼻の頭にホクロみたいなのがある
・人の顔に自分の顔をこすりつける
・綺麗な毛並みでクリーム色

保護して下さった方からのコメントです。↓

「仕草(家中の扉の開け方を知ってるなど)、特徴等から 飼い主にとても愛されていた 子だと思われます。どうか元の飼い主さんを見つけてあげたいです。また僕が保護する前の2日前ぐらいからその近辺でのこの子の目撃情報があります。」

北野文芸座で保護した子.jpg

北野文芸座で保護した子2.jpeg

迷子の場合は2ヶ月は里親募集ができないため、一応飼い主さん探しと並行でやりますが、まずは元の飼い主さんの名乗り出てくださるのを待ちます。その後里親募集となります。どちらもお問い合わせください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
新規の里親募集です。
3月の譲渡会にエントリー予定です。

人なれできていますが、少しおくびょです。
ミッキー・7か月・メス.jpg

こちらも人なれできていますが、臆病
ミツキ・7か月・メス.jpg

一番人慣なつっこい子です。
ミッキー・ミツキの兄7か月オス.jpg


サビの子は当然ですがメス・白黒の子はオスです。兄妹との事、去年の8月頃生まれなので7か月位になります。簡易検査とワクチン一回目を済ませてからエントリー予定ですが、情報誌に掲載しているためそちらで決まりましたら、エントリーは無しとの事になります。
サビ猫ファンの方、希望されるようでしたら、お問い合わせください。

ーーーーーーーーーーー
追加です。
一般の方が保護した子です。先住ちゃんが受け入れてくれないとのことで、いろいろ工夫してお世話しているようですが手を焼いています。できればよいご縁に恵まれればと相談がきました。
保護した方からの猫の情報です。↓

ぶちちゃん・メス・3歳2.jpg

ぶちちゃん・メス・3歳.jpg

初めての写真撮影で緊張してます!まん丸おめめ時はもっとかわいいです
3歳位の、元気いっぱいの女の子です。優しい声でお話ししてくれますよ
人懐こいらしく、自分から近寄ってくれました。抱っこ出来ます。なでなでも出来ます。小柄なにゃんこさんなので、「ぷち」とか、「ぷっちゃん」と呼んでいます。

写真よりも小柄でかわいいことの子なのでぜひお見合い、トライアルしてみてください。

本日3月4日、プチちゃん里親さんが決まりました。ありがとうございます。これで幸せになれます。ラッキーな子です。本当に良かったです。


nice!(60) 
共通テーマ:ペット

みきゃんちゃんという名前のかわいこちゃん♪ [里親募集]

9月1日生まれ(たぶんそのころとの事)のメスです。母猫とはぐれたのか、または捨てられたのか、虐待の疑いの残る体で、たった一匹でさまよっていたところを一般の方が見るに見かねて保護してくださいました。

「飼えないなら、エサはやるな、よそへ行くから、放っておけば良いという」言葉通り、最初は見て見ぬふりをしていたそうですが、その子は時々庭に埋めている生ごみをあさる為に迷い込んできて小さな体で一生懸命に穴を掘り起こしては中のごみを食べていたといいます。そして1月20日、とうとう、体中にべとべとのとりもちがついているのを発見、おまけにビニールまでくっつけていたそうです。思わず、保護した方Oさんは飼えないことや、放っておけという言葉など無視されて、保護したという事でした。そしてすぐ病院へ直行、たまたま日曜日だったことから開いている病院へ・・・・鳥もちのべたべたをまず除去、きれいにしてもらい、後ろ足が少し変ということからレントゲンを撮ってもらいました。すると、大腿部のつなぎ目部分の所が骨折していることが分かりました。子猫でこういう状況になるのは、まずは考えられることと言ったら虐待?ですが人を恐れず、非常になつっこいという事なので、そこは分かりません、事故の可能性もあります。ですが他は特に目立つ外傷はなかったそうです。ご飯をもらってとにかく元気になってくれたのころ、この件につき相談が来ました。10日経った1月30日です。

入院してすぐのころ
タルタに入院中の子2.jpg

足の付け根のレントゲン
みきゃんちゃんのレントゲン.jpeg


電話の内容は。里親募集と、一時預かりの相談でした。こちらも手一杯なのはいつも通りですが、その方のお家の状況をお聞きして確かに飼えないということは分かりました。その子の事も放っておけずに保護したことも理解出来ました。病院の入院費用がかさみどんどん膨らんでいくのが大変だということもよくわかりました。そこで、お休み中のメンバーの一人に頼み込んで引き取ることになりました。本当に良かったです。

体の方は、骨折も特に痛がることはなく少しかばってお嬢ちゃんすわりしかできないようですが普通に歩き回ると言うことで、特に生活に問題はないと病院の先生からも直接お話を伺いました。たぶん安静にしていれば自然につながるのではということで一か月ほどの安静期間を申し渡されました。その間にワクチンと血液検査も済ませました。まだ4ヶ月半くらいなので血液検査の結果は正しく出ないことは分かっていましたが、とりあえず、やってもらった結果は両方とも陰性でした。

そして一時預かりのUさんの所で、安静とは言いながらもフリーにしてもらって元気に過ごしています。今現在の様子です。

みきゃんちゃん10.jpeg

みきゃんちゃん9.jpeg

みきゃんちゃん8.jpg

「みきゃんちゃんは家にも先住猫にもだいぶ慣れました。先住猫もみきゃんちゃんにちょっかい出されると怒りますが基本的に寛大です。ただ人間にだけはまだ少しビクビクしているのですが、上手く近くまで寄って撫でてしまえば喉を鳴らして、もっと撫でて〜とイチコロです(笑)
もっと人馴れしてくればすごく甘えん坊さんだと思います。ちなみに皮膚のハゲてる部分も毛が生えてきて順調です!」

4か月足らずで必死に生きようとしていたみきゃんちゃん、けなげに入院生活も耐えて、一時預かりさんの家でも大事にお世話してもらっています。どうか誰もが認める美猫みきゃんちゃんを家族に迎えてください。性格は優しく、かわいげのある子だという事です。


そして、いつも言っていますが、保健所や愛護センター、行政の方からの「餌をやるな、放っておけば良い」という言葉通りにしていて果たして良いものでしょうか、私はとても疑問に思います。それでは根本の問題の解決になっていないです。猫たちは一度でも人の手から餌をもらえば、生きるためにその場に必ず来ます。時々でも餌がもらえると分かればなおさら他へは行かなくなります。どこかの誰かが持ってくる餌を待って、ひたすら潜んでいるのです。
またそういう子たちに餌をやらなくなったらそれこそ、飢え死にする事は目に見えています。
そういうことを推奨するような指導は行政と言えども虐待と同じ、愛護法に触れるのではないでしょうか?と言いたいです。
放っておけば他へ行くという指導ではなく、餌のやり方や不妊化を進める説明をなぜしないのでしょうか?行政がそこをしっかりと説明して、捕獲などできないならボランティア団体が協力します。と持っていけば私たちも餌のやり方、捕獲・手術、いわゆるTNRのお手伝いはします。そして最近では、それに加えて子猫や人なれしている子たちの里親募集をするということが主流らしいので、譲渡会でも頑張ります。何としても「餌をやるな猫は他へ行く」という言い方だけはやめてほしいと思いました。みきゃんちゃんを保護したOさんの勇気に感謝します。m(__)m 

そこで私たちはこのようなチラシを作ってもらいました。

餌やり禁止修正分のリサイズポスター.jpg

私たちはただ猫が好きだから猫がかわいいから餌をやる人たちを擁護しているのではなく、でたらめな餌やりをやめてもらうように話しながら、TNRを進めています。
そして里親募集をして一匹でも幸せになれるよう家族を見つけていきたいと思います。

不妊化手術は望まれない命を増やさない、だけでなく不幸な生涯を過ごす猫たちを作らない、交通事故や、他の獣の餌食、または争いによるけがや感染症、人間からの虐待、または疎まれて追い払われ、居場所が無くなるなどの気の毒な状況、そういう事すべてから猫を守る事が出来ます。
平成29年度は34,000匹が全国の行政によって殺処分されたという事です。数は減りつつ有るものの、まだまだこの数字を、減らしていかなければなりません。

全国のボランティアさんたちは皆同じ気持ちです。愛護団体がただの猫好きの集まりでは無くみな一人一人がこの思いで活動しています。嫌いな方もまずは相談してみて下さい。好きな方は一緒に目の前の問題を解決していきましょう。猫との共存、気持ちよく暮らせる社会にしていけたらと切に願っています。


nice!(58) 
共通テーマ:ペット

里親様からの近況写メ [近況写メとお知らせ]

ちっち君が念願の里親さんが見つかって、先日正式譲渡となりました。近況写メが送られてきましたのでご紹介します。

お世話様です。2/2よりちっちくんのトライアルをさせて頂いたNです。 肉球くらぶさんには約3年前、譲渡頂いたうづむぎの2匹がご縁で毎年近況報告をさせていただくのが楽しみでした。が12月にうづを病気で亡くし本年の新年のご挨拶は控えさせていただいておりました。 私はじめ、人間の悲しみは当然ながら生まれてずっと一緒だった兄を失ったむぎの悲しみは計り知れぬ程で夜鳴きをするほど不安症になってしまいました。 そんなむぎを日中ひとりでお留守番させなくてはいけないことが辛くどうにか元気を取り戻してもらうために新たな家族を迎え入れる決意をし譲渡会に参加させて頂きました。そしてそこで出会ったのがちっちくんでした。 トライアル初日から2日ぐらいは、ちっちくんも新しい環境に戸惑い、むぎにシャーシャーしたりしていましたが何分マイペースなむぎちゃんなのでそんなちっちくんに動じず笑 いつしかちっちくんからもシャーシャーが消えていました笑 臆病で何にでも好奇心大勢なちっちくんはむぎにちょっかいだしては怒られながらも日に日に二人の距離が近づき今では二人でいることも多くなりました。何よりちっちくんが来てむぎの夜鳴きがとまったのが今回正式に里親希望をした決め手となりました! 本当に良い出会いに代表のCさんはじめ預り主のHさん、会の皆様に感謝しております。本当にありがとうございました!

幸せになったちっち君です。
ちっち君里親さんの家で.JPG

ちっち君里親さんの家で2.JPG

ちっち君とむぎちゃん仲良くなれました。.JPG

Nさんありがとございました。どうぞ、末長くよろしくお願いします。

---------------------------------------------------
オーストラリアレポート第2弾です。

「時差は1時間しかないのでほぼ同じですが、季節が真逆です。ここ数日こちらは暑くて毎日35度くらいありました。それでも他の地域では熱波や洪水で大変なので、ずいぶんマシです。
   (用事が有ってご主人とあちこち回ったようですがその合間のお話です)・・・
立ち寄り先では、野生のウミガメの産卵と孵化を見学してきました。
私達のグループは産卵だけとの事だったのですが、ラッキーな事に途中で孵化のグループにも参加できて、両方見る事が出来ました。
私の見た母ウミガメは推定年齢約50才との事で、この年で現役で産卵とは亀はやっぱり長生きなのかと感心しました。でも産卵は重労働で、見ていても本当の大変な様子でした。また子ガメ達も懸命に砂を掻き分け地上に出てきて、小さな手足をバタつかせながら海へと戻って行きました。生き物のひたむきさと強さ、そしてその小さな命が守られる事を願って帰って来ました。
写真も添付します。撮影許可が出たわずかな時間なので、決定的瞬間ではないですが…。」
ウミガメの産卵.jpg

ウミガメの子亀.jpg

貴重な写真ありがとうございました。なかなかできない経験だったと思います。そして次のようなメールもいただいています。

「こちらでは野良猫はほとんど見かけませんが、友人が保護した事もあるので全くいない訳でもないです。一応全部の飼い猫は市へ登録して、チップも装着する必要があります。地元の団体もイベント開催したりして、里親募集をしています。
この団体は全国組織の支部で、動物保護に関わる様々な活動をしています。例えばスーパーの食肉や卵にも、団体の推薦がついていたりします。それはこの動物や卵は非人道的なやり方で扱われていないという証明。少し値段が高くても、檻に閉じ込められたりせず、幸せに生きた動物の肉や卵を買う事が出来ます。そのくらい動物に対して意識があります。もちろんそういう事を全然考えない人達もいますけど。でもペットが欲しければこの組織に行って里親になるのが普通です。日本もペットショップはやめて、里親が標準になればいいと本当に思います。

アニマルポリスやボランティアの事、こちらにいる間にもう少し調べてみます。少しでも参考になればいいですが。」

是非よろしく願いします。m(__)m


-----------------------------------------------------------------------
分家のブログ 「肉球クラブカフェ」の方で紹介しています。ムックとフェリシモの猫部の紹介、今回は私達にも関係があるので良かったら見てください。m(__)m
nice!(42) 
共通テーマ:ペット

majyoさんの旅立ち [あいさつ]

ソネブロ仲間のmajyoさんが15日にお亡くなりになったとの事今日知りました。去年、思いがけずメールをいただいて、びっくり、ご自分の死期をドンと受け止めて本当に素晴らしい方でした。
猫たちのために使ってくださいとご寄付もいただきました。緩和ケアで延命処置をしないで最期を迎えた父と重なり、そんなお話も少しですが最後にしました。それが本当に最後のメールになるとは・・・・・大事にとってあります。majyoさんのブログはいつか迎えるであろう最後の時に勇気と安らぎをもたらしてくれるでしょう。心からご冥福を祈りたいと思います。
お約束のお花の写真です。代理人の方どうぞお持ちください、そしてmajyoさんのブログをお花で飾ってくださいm(__)m


IMG_0832.JPG
nice!(50) 
共通テーマ:ペット

3つの里親募集です。ご検討下さいm(__)m [里親募集]

一つ目の募集です。
I町という長野からは少し遠いところの方から1月16日にメールが来たのが飼い主のKさんとかかわった始まりでした。
「いまうちに40匹の猫がいます。
避妊手術が追いつかず今の状態になってしまいました。里親を探すため保健所にも協力をしていただいていますが、3月までに全頭里親さんを見つけないと今住んでいるところから立ちのかねばならない状況になってしまいました。
自分の責任でこうなったことは反省しておりますが、猫にはなんの責任もないのでなんとかしてやりたいと思いご助力をお願いできないかと思っております。」

テレビや新聞で見かける光景が脳裏をよぎりました。どれだけの状況になっているのか・・・・さっそくメンバーにもどうしたらよいか相談してみました。私達はその子達を全部引き取ることはできません、シェルターを持っていないので、一時預かりさんがそれぞれ預かり里親募集するシステムなので今手いっぱいの状況です。それを伝えて、まず、写真を送ってもらいました。ネットでの拡散から始めましょうという事になりました、また1月27日の譲渡会に何匹か連れてこれればそこで見つかるかもしれないのでとお話しして、アレク君とだいず君がエントリーしました。

だいず君・7歳・去勢済
大豆・オス・7歳・去勢済.jpg

アレク君・2歳・去勢済
アレク・2歳・オス・去勢済.jpg

アレク君は一時預かりをお願いしたMさんが終了後引き取ってくださいましたが、一週間ほどしてすっかり情がつって可愛いのでお家の子にしますと言ってくださいました。ありがとうございました。飼い主さんも大喜びです。

そして、仮の名前ウニちゃんと付けた、4か月の子ですがミルクしか飲まないとの事で心配なのでこちらのメンバーが預かることになりました。治療も初めてどんどん良くなって、ごはんもレトルトや缶詰、カリカリも食べれるようになって太ってきたとの事引き取て良かったです。(#^.^#)

という事で以前も紹介しました事新たな子の写真をもう一度・・・・掲載します。

そら豆・メス・7歳(だいず君と兄妹)
そら豆・メス・7歳.jpeg

あずき・メス・7歳(だいず君と兄妹)
あずき・メス・7歳.jpg


べーちゃん(右)ふぁちゃん(サビ猫)5か月・メス
5か月・メス・ベーチャンとふわちゃん.jpg

ぶーちゃん・オス・3歳
オス・ブーちゃん.jpg

ネムリンちゃん・メス・3ヶ月
3ヶ月・メス・ネムリン.jpg

ゾッケ君・オス・5か月
5か月・オス・ゾッケ.jpg


キー君・オス・5か月
キー君・5か月.jpg

茶豆(茶白)・ちゃーた(茶トラ)オス・5か月
茶まめくん左とちゃーたくん右.jpg

そして、この件で他のボランティア団体さんにも拡散お協力を要請しました。松本のこねこの会さんに頼んだところ、こちらの方が近いので不妊化手術の搬送等手伝いますよと言ってくださいました。という事から、保健所への話や現場の下見などメンバーのOさんが協力して下さることになりました。飼い主さんのお宅へ行って写真を撮って送ってくださったのでいただいた写真を掲載します。

DSC_6764.JPG

DSC_6766.JPG

他の子達.jpg

DSC_6755.JPG

DSC_6771.JPG

Oさんからのメッセージです。

「多頭飼いとは思えない、比較的環境は良かったです
でも8畳に38匹 別部屋に1匹合計39匹
そちらに2匹、大町保健所で1匹。それを足すと42匹!!!
早速ワクチン、オペ開始しました。

風邪がひどい子が何匹もいたので、治療もしてきました。全額立替ですが、仕方ないです。まずは猫のことを終わらせないと、強制退去になりますから。猫のこの先の幸せのために。
保健所の職員さん立ち会いで、支払いの念書も書いてもらいました。
去勢すれば、オシッコ臭もなんとか改善されていくかと思いますし、避妊すれば鳴き声もおさまるし。やるしかないと思います。
丸投げの猫相談ではなくて、良かった!ご自身で動いてくださるので、助かります」

とはいえ、実際には全額Oさんの方で立て替えてくださっています。この中の一匹でも早く里親さんにバトンタッチして幸せにしたいと同時に手術代・ワクチン代・加えて風邪の治療費もかかってていますのでご理解いただきカンパいただけると助かります。

里親さんへの搬送はこちらのメンバーがやりますのでとにかくお問い合わせください、3ヶ月から7歳くらいまでの39匹の子達の幸せのために家族に迎えてください。期限が迫っています。3月いっぱい、Kさんのお家にはお子さんもいます。強制退去しなくて済みますようお力をお貸しください。

アレク君・だいず君は決まりました。残りは後36匹です。m(__)m
-----------------------------------------------------
2件目の里親募集はうさぎです。

開帳症という事でホームセンターにいた子をメンバーのSさんが犬の首輪を買いに行って見かけてしまいました。何とか引き取りたいが今犬も、猫も沢山いるのでウサギは無理かなぁ?と相談を受けました。早速、元メンバーでウサギ好きのHさんに連絡、事情を話すと、ぜひ自分で預かりたいという事で引き受けてもらいました。

育良ちゃん.JPG

育良ちゃん2.JPG

育良ちゃん3.JPG

育良ちゃん4.JPG

Mさんからのメッセージです。
「一部屋をウサギ部屋にして猫立ち入り禁止にしています。
元気いっぱい、上にジャンプしたりダッシュ、ターンもします。
足わるいの?と聞きたくなるのですが、
見た目では左後ろ足が大き目です。
開帳肢。
治らない、神経系の遺伝病と、引き取った時言われました。
定期的に検診に行き、そのつど指示を守るのが良いと
アドバイス頂きました。
この子のすべてを受け入れ、
生涯を通し変わらぬ愛情を持って育ててくださる里親さんを募集しております。
ホーランドロップ・多分雌、平成30年11月生まれです。
どうぞよろしくお願いいたします。」

まだまだ3ヶ月の子です。耳の大きなのが特徴です。ウサギも懐くと呼べば走ってくる、喜びを体いっぱいで表現する、ぺろぺろ舐めて親愛の情を示すなど本当にかわいいですよ、鳴かないので静かです。家族にしてみませんか(^^♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3件目の里親募集は
数日前に依頼のあったばかりの子の紹介です。

メンバーのMさんが知り合いから聞いたという事で、何とかならないかと連絡が来ました。
独居老人のお婆さんが飼っていた黒猫のオス・6歳位です。お婆さんが施設入居してしまったため残されてしまいました。施設んは言ってからずっと一匹でお家の中にいたそうです。少し離れたところに住む息子さんが毎日通ってごはんと水を取り替えてトイレの掃除もしてお世話はしていましたが、何しろ日がいないのと火の気が無いのでかわいそうと近所の方が見かねて、話したのをMさんの知り合いが聞いて相談してきました。息子さんは飼えないそうで、お世話しに行くと傍を離れないでまとわりつて甘えてきたそうです。息子さんも内心困っていたのでしょう、Mさんの申し出にすぐお願いしたいという話になったようです。とりあえず2月いっぱいはMさんの所にいて、3月からはまた別の一時預かりさんのもとでお世話します。ワクチン・血液検査・簡易検査は息子さんがやってく出さることになっています。3月の譲渡会にはエントリーしますのでよろしくお願いします。

クロちゃん.jpg

クロちゃん2.jpg

クロちゃん3.jpg

Mさんからのメッセージです。
「色は真っ黒ですが、内側の毛が白っぽいです。昨日は隅っこに入ってしまいましたが、大分慣れましたやはり慣れるのが早いです
16日に息子さんが、ワクチン、エイズ・白血病の検査、耳ダニ検査に連れて行く約束になっています。あと、少し涙が出ているのが気になるので、その治療もお願いする予定です
体重も計ってもらいますが7~8キロだと思います。」との事です。

性格は穏やかでおとなしいそうです。人懐こいので、すぐになれると思います。クロちゃんと名前がついているようです。お婆さんと二人暮らし、多分ゆっくりとのんびりと生活して居たのではないでしょうか?突然おばあさんがいなくなって、クロちゃんは一人でさみしくお家の中でいたのだと思います。息子さんがご飯をあげに行ってくれた時だけが唯一ホットしたのかもしれませんね、息子さんは責任感の強いとても良い方なので私達もそれにこたえるようにしっかりとお世話して、譲渡に持って行きたいと思ます。m(__)m



nice!(56) 
共通テーマ:ペット

お知らせ [お知らせ]

~ねこの好きな方も、ねこでお困りの方も、いっしょに話しませんか?~
ねこの茶話会


日時: 2月16日土曜日  15:00~16:30

会場: 千曲市戸倉創造館 2F創作室にて

申し込み: 不要です(直接会場へお越しください)

主催: 千曲ねこの会
問い合わせ: こちら肉球クラブのメールフォームへ

千曲ねこの会とは・・・
今まで個人的にTNR活動
(Trap:捕獲、Neuter:不妊手術、Return:猫を元の場所に戻す)を
していた市民同士がつながりを持ち、立ち上げたボランティアです。
不幸な猫を減らし、人と猫が共生できる社会の実現を目指し、
活動しています。


今年度千曲市では、不幸な猫を増やさないため、
猫の不妊・去勢手術を行われた方に対して助成金を交付しています。 

さて、このように千曲市ではようやく猫の問題を何とかしようという動きが有る中で一人の市議の.方から次のような質問が有ったという事で千曲市議会だよりに掲載されました。正確を期するためそのままここに書かせていただきます。

猫だけがかわいそうな動物か
「猫の放し飼いによる交雑で、野良猫は増え続け、たまり場の近隣は大迷惑している。これに対し、市は野良猫を含め猫の去勢、不妊施策を実施したが、ペット化した猫も飼育は趣味の世界であり、飼い主の責任でと外へ放置しなければ、仔は増えない。公費をもってたいおうすることか、疑念を感じるが。」

これによりますとこの市議さんは何も分かっていないという事が明らかです。まず、題名の猫だけがかわいそうという考えで、このことを始めたわけではありません、住民の間から、一般の市民の皆さんの中からの声で、困っているという事で始まった事です。もともと遺棄などにより勝手に捨てて放置したのは人間です。その人間の行為が野良猫を増やしてしまいました。ただ可哀そうとおもって餌をやるだけだった人たちにも責任はあります。餌場に集まる猫たちの頭数を管理して終生一代限りの命を見守ることこそが、迷惑と思われる。猫たちを根絶するための近道です。そしてその間、野良猫と共存するという事は人としてのやさしさであり、ともにこの地球に生きる者としてなぜ互いを認め合えないのかの方が不自然な事です。
またペット化した猫を趣味で飼育しているわけでは無く、遺棄されたり生まれてしまって庭の中でうろうろしている子達を皆さん、見るに見かねて保護しています。年金暮らしの中で猫の飼育にかかる費用は半端ではなく、医療費や餌代砂代にかかる分を必死で捻出しています。飼えば、情が移って家族同然と思う事も当然で、趣味で飼っているという事は有りません。また今どきは完全室内飼いは当たり前、外へ出すことは禁止していますので私達ボランティアも里親さんには必ずそれを伝えています。脱走防止にも努めることをお願いしています。また万が一のために不妊化手術は必須項目です。ここまでやっていればもし外に出てしまっても。やたらに増えることは無いはずです。
これは、飼い主さんとか餌やりさんの責任です。という事から助成金は必要な費用だと思います。
数年前にすでに助成金制度は採択されていたと聞いています。いつの間にか無くなってしまったようですので再開したことは本当に市民の皆さんのためには良かったと思っています。
また昨年行いましたクラウドファンディングは160人の皆様から2600,900円の支援をいただいたと思いますが、それはすべて猫のために使われると聞いています。これは全国の皆様からの温かいお気持ちであり、公費とは違うのではないでしょうか?

市の方としてはその質問に対しての回答に、県の保健所と連携して業務を進めていくと言っています。という事から、「千曲ねこの会」はその行政とも協力して活動を開始していきます。また私達も多少は実績もありますので「千曲ねこの会」のフォローをさせていただくつもりでいます。千曲市の皆さん、16日の「ねこの茶話会」に参加して、質問などありましたらどんどん質問したり相談されてください、また猫の事でいろいろお話し下さい。

Trap/捕獲し,Neuter/不妊去勢手術を行い,Return/元の場所に戻す。これはすでに浸透していますいわゆるTNRですが、それよりも最近アメリカで新たな動きが出ていますTNTAという事をこの日本でも進めていく事が良いのではと考えてます。Tは人なれ修行させるTeme・そしてAは譲渡するAdoptという事です。
私達ボランティアは里親募集をして譲渡に力を入れています。
ーーーーーーーーーーーーー
次回の譲渡会第35回目となります。
3月24日 長野市ふれあい福祉センター 午後1時半より3時半まで 

ぜひお出かけ下さい。

第35回譲渡会チラシブログ用.jpg


nice!(53) 
共通テーマ:ペット
前の15件 | -