So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

知ってほしい猫に危険な植物・迷子情報 [迷子・お知らせ]

知り合いの子猫が亡くなりました。
その知らせを聞いて猫を飼ってる方にも共有してほしい事だと思いましたので、記事に書かせていただきます。

桜ちゃんブログ用.jpg

写真のキジトラの子は桜ちゃん生後半年位オスの元気でやんちゃ盛りのかわいい子だったそうです。7日の日曜日の朝8時ころ電話が来ました。前の日に知り合いから頂いたユリの花を飾ったところはっぱをかじってしまったとの事夜診療時間も過ぎていたのでかかりつけの近所の病院に頼んで開けてもらって応急処置意をしてもらったそうですが、けいれんと高熱でぐったりしてきたので、日曜日でもやっている病院はどこかないかと聞いてきました。

隣の市から長野で一番近くて日曜もやっていて、という事で一応そこならば設備も良いのでいろいろやってもらえそうと紹介しました。
そして診察、結果入院、点滴をやるため家に帰るよりは入院して続けた方がという事になったようです。が高熱が下がらず、山は超えたかに見えたのですが、翌日の夜中にとうとう逝ってしまいました。最後の様子です。
いただいたメールから掲載させていただきます。

「 桜の死因は嘔吐物がのどに詰まり気管に入ってしまったことと、肺炎だそうです。
おしっこはだいぶ出ていたとのことで、腎臓は持ちそうだったけれども肺炎が命取りになったようでした。
中毒により免疫がやられて、それであっという間にほんの数時間で猫は肺炎まで行ってしまうそうです。
ただ病院に行った日から抗生剤を入れていたので、喉をつまらせなければあと数日で肺炎もよくなったかもしれないですし、もういろいろなことがほんのちょっとした差でこういう結果になってしまったような気がします。」

そして昨日桜ちゃんはお骨になりました。
心からのご冥福をお祈りいたします。m(__)m

そこで皆様にもお知らせしたい事というのは桜ちゃんがかじってしまったユリの葉の事です。
飼い主の方はその毒性を知っておられたので自分では決してユリは買わないようにしていたそうです。しかしながらいただいたので折角の好意すぐに捨てるには忍びないと、気を付けて注意して、いたずらされない所に飾ったつもりだと言っていました。
ですが一瞬の隙をついて、あっという間の出来事、本当にちょっと目を離した時にかじってしまったそうです。

猫には危険な植物は身近にあります。
ここに良く飾る草花を一覧にしておきますので、どうぞ注意して下さい。

ポトス・スズラン・スパテフィラム・アイビー・トマト・沈丁花・ユリ・アロエ(葉とか花や茎等に毒性)
ヒヤシンス・アサガオ・ヒヤシンス・スイセン・チューリップ・シクラメン・桔梗・彼岸花(球根や種・根っこに毒性)

他にもよく切り花や鉢植えで身近に買ったり、プレゼントしたりという事ですが、猫たちの手の届かない場所に飾るなど、注意をしてください。
猫草で満たされていても、興味からかじってしまう、食べてしまうという事も有ります。

私達人間とは違って毒を消す力が無いという事も有ります。
他にも猫が食べて危険な花や植物は無いか良く調べて、口にしないようにしてください。

桜ちゃんのような悲劇はそれを教訓にして絶対に起こさないようにしてください。

飼い主のMさんは非常に落胆されています。自分がいけないと責めています。
少しでも元気になって、また元の生活に戻れますように願っています。

母猫のたびちゃんも突然子猫がいなくなってしまった事、わかっているらしいので、気の毒です。
誰がいけないとかは攻めても仕方無いので、これからは起きないようにすることが大事なのだと思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
迷子情報です。

ぎんちゃん・1歳・メス.jpg

1539249769658説明文.jpg

見かけた方はこちらまで情報をお願いします。m(__)m

-----------------------------------------------------------------------
フェリシモ猫部トーク にて最新の里親募集情報を掲載中です。
今後もそちらで更新していきますので、、右サイドバーにも常設しました。
ブログ記事は沈んでいくので、常設にしました。最新情報としてご覧くださいm(__)m


nice!(39) 
共通テーマ:ペット