So-net無料ブログ作成

里親様からの近況写メ [近況写メとお知らせ]

ちっち君が念願の里親さんが見つかって、先日正式譲渡となりました。近況写メが送られてきましたのでご紹介します。

お世話様です。2/2よりちっちくんのトライアルをさせて頂いたNです。 肉球くらぶさんには約3年前、譲渡頂いたうづむぎの2匹がご縁で毎年近況報告をさせていただくのが楽しみでした。が12月にうづを病気で亡くし本年の新年のご挨拶は控えさせていただいておりました。 私はじめ、人間の悲しみは当然ながら生まれてずっと一緒だった兄を失ったむぎの悲しみは計り知れぬ程で夜鳴きをするほど不安症になってしまいました。 そんなむぎを日中ひとりでお留守番させなくてはいけないことが辛くどうにか元気を取り戻してもらうために新たな家族を迎え入れる決意をし譲渡会に参加させて頂きました。そしてそこで出会ったのがちっちくんでした。 トライアル初日から2日ぐらいは、ちっちくんも新しい環境に戸惑い、むぎにシャーシャーしたりしていましたが何分マイペースなむぎちゃんなのでそんなちっちくんに動じず笑 いつしかちっちくんからもシャーシャーが消えていました笑 臆病で何にでも好奇心大勢なちっちくんはむぎにちょっかいだしては怒られながらも日に日に二人の距離が近づき今では二人でいることも多くなりました。何よりちっちくんが来てむぎの夜鳴きがとまったのが今回正式に里親希望をした決め手となりました! 本当に良い出会いに代表のCさんはじめ預り主のHさん、会の皆様に感謝しております。本当にありがとうございました!

幸せになったちっち君です。
ちっち君里親さんの家で.JPG

ちっち君里親さんの家で2.JPG

ちっち君とむぎちゃん仲良くなれました。.JPG

Nさんありがとございました。どうぞ、末長くよろしくお願いします。

---------------------------------------------------
オーストラリアレポート第2弾です。

「時差は1時間しかないのでほぼ同じですが、季節が真逆です。ここ数日こちらは暑くて毎日35度くらいありました。それでも他の地域では熱波や洪水で大変なので、ずいぶんマシです。
   (用事が有ってご主人とあちこち回ったようですがその合間のお話です)・・・
立ち寄り先では、野生のウミガメの産卵と孵化を見学してきました。
私達のグループは産卵だけとの事だったのですが、ラッキーな事に途中で孵化のグループにも参加できて、両方見る事が出来ました。
私の見た母ウミガメは推定年齢約50才との事で、この年で現役で産卵とは亀はやっぱり長生きなのかと感心しました。でも産卵は重労働で、見ていても本当の大変な様子でした。また子ガメ達も懸命に砂を掻き分け地上に出てきて、小さな手足をバタつかせながら海へと戻って行きました。生き物のひたむきさと強さ、そしてその小さな命が守られる事を願って帰って来ました。
写真も添付します。撮影許可が出たわずかな時間なので、決定的瞬間ではないですが…。」
ウミガメの産卵.jpg

ウミガメの子亀.jpg

貴重な写真ありがとうございました。なかなかできない経験だったと思います。そして次のようなメールもいただいています。

「こちらでは野良猫はほとんど見かけませんが、友人が保護した事もあるので全くいない訳でもないです。一応全部の飼い猫は市へ登録して、チップも装着する必要があります。地元の団体もイベント開催したりして、里親募集をしています。
この団体は全国組織の支部で、動物保護に関わる様々な活動をしています。例えばスーパーの食肉や卵にも、団体の推薦がついていたりします。それはこの動物や卵は非人道的なやり方で扱われていないという証明。少し値段が高くても、檻に閉じ込められたりせず、幸せに生きた動物の肉や卵を買う事が出来ます。そのくらい動物に対して意識があります。もちろんそういう事を全然考えない人達もいますけど。でもペットが欲しければこの組織に行って里親になるのが普通です。日本もペットショップはやめて、里親が標準になればいいと本当に思います。

アニマルポリスやボランティアの事、こちらにいる間にもう少し調べてみます。少しでも参考になればいいですが。」

是非よろしく願いします。m(__)m


-----------------------------------------------------------------------
分家のブログ 「肉球クラブカフェ」の方で紹介しています。ムックとフェリシモの猫部の紹介、今回は私達にも関係があるので良かったら見てください。m(__)m
nice!(42) 
共通テーマ:ペット