So-net無料ブログ作成
保護猫 ブログトップ

保護した親子のその後の事・・・・そして里親募集 [保護猫]

5月18日、一般の方から電話での相談が有りました。
猫は飼った事もない、触った事もないという方からで、エサをやっていたわけではなくお家の庭に子猫を産んで育て始めてしまったためどうしたら良いか分からないと途方に暮れての相談でした。

仔猫はまだ小さいし母猫もいるようだが見かけていないので良くわからない、捕獲は出来そうにないが、このままでは庭に居ついてしまうので困るというお話しでした。
近くに母猫はいないようだというので、ではとりあえず、子猫を何とか保護しましょうという事になりました。ケージとかキャリバッグとかは無いので、急遽猫用の餌買いに行っていただき、保護のための段ボールも用意してもらいました。本当にこんなことになるとはという事でそのお宅のご夫婦もびっくり、でも小さい命を何とかしたいという事でこちらのアドバイス通り、一生懸命にやってくださいました。

あの時は、たまたま今年はまだ子猫の保護が無かった時期だったので、一時預かりをお願いしていた。知り合いの方、個人のボランティアのMさんに電話したところ、こちらもまた偶然ですが、ちょうど近く、市内に来ているからという事で、翌日の19日に帰るときに引き取っていくからということで、現場に行ってもらいました。その時も母猫はおらず、このまま連れて家に帰るというのでお願いすることにしました。仔猫は4匹いました。

さっそく連れて帰ってもらう事になったのですが、母猫も一応探してみたところ、近くにはいないという事、ご夫婦には近所の方にも聞いてもらったのですが、良くわからないことから断念、とりあえず今は仔猫のみをという事になりました。
人が動き始めたので警戒して移動したのか、それともどこかの飼い猫が子猫を産んで外に移動してきたのか?そこのお宅の庭(物置の下に穴が有ってその中にいたとか)居心地が良かったのか?
活動を始めるきっかけになった。さくら一家の時のような状況に早く子猫を保護してしまった方が
交通事故や連れ去りもあるため、やむを得ないという判断をしました。

子猫達は、一時預かりをお願いしたボランティアのお宅ですぐに慣れてこのような写真を送ってもらいました。

2019520子猫.jpg

2019520子猫達.jpg

2019520子猫達2.jpg


さて母猫の方を何とかしなくてはという事でしたが、会の捕獲器はみな貸し出していたためになく、その日は母猫もどこかへ行ってしまったのか、探しようがない、どこかの飼い猫か野良猫かも分からない、という事から、翌日母猫を捕獲に今度は別の個人のボランティアのMさんも協力してくださって、母猫を探しに行ってくださいました。その結果、仔猫を探しに来たのでしょうか、近くにいた母猫もついに一日遅れて保護することができました。感謝です。Mさん、ありがとうございました。
母猫は市内のMボランティアさんのお宅に連れて行ってお世話することとなりました。
その後発見してくださったKさんから聞いたっところ、また近所の方の聞き込みをしてくださったMさんからの情報で、母猫は以前はどこかで飼われていたが妊娠が分かったので捨てられた可能性が強いかもという話をしました。完全野良ではない感じですが結構痩せていた事。長毛は毛玉がすごくてかわいそうなくらいだったという事でした。

保護したばかりの母猫です。
稲葉グレーの母猫.jpg


ですが・・・・私も、それぞれの預かりさんも、発見者のKさんも皆できれば親子は一緒にしたかったとの事だったのですが、仔猫を預かってくださったボラさんと、母猫を保護したボラさんの家は遠く、すぐには都合で一緒にできないという事、またすでに仔猫3匹はそれぞれに希望する人も現れていたので、このまましばらくそれぞれ預かってもらうという事になりました。
母猫は近く受診して、手術ができるようならしたいという話になっていました。

この子たちを発見して電話をくださったKさんからはご寄付をいただきました。ありがとうございました。
親子を引き離してしまってちょっと切ないとおっしゃってくださいましたので、何とか近日中にいっしょにできるようにと、互いの一時預かりさんもそこは承知してくださいました。

その間にも子猫はどんどん育ち・・・・母猫にも変化が…‥まだ授乳中だったため乳腺炎になってしまい。病院で治療を・・・それが済んだら避妊手術を・・・・リリースするにしてもご飯をあげられる人がいないとTNRは成立しないので、こうなったら親子一緒に里親募集しましょうという事になりました。仔猫たちには希望者さんも決まってきました。4匹中3匹までがトライアルになります。それで残った一匹を母猫に戻して一緒にお世話しましょう。という話になりました。

すっかり家猫になって人間にも慣れたころの子猫達です。
市外のボラさんのMさんから送ってもらった写真です。ムギ君中心に掲載させていただきます。

キジ白・長毛・ムギの3匹.jpg

面白い寝方をするそうですいつもこんな感じ?(笑)
ムギ君.jpg

先住ちゃんを母親代わりにしてるのかしらね
ムギ君2.jpg

長毛ちゃん.jpg

長毛ちゃん2.jpg

この子はまだ希望者さんがいない子です。仮の名前はムギ君です。
チャトラ(長毛?)オス(ムギ)2ヶ月弱 750g
性格
寂しがり、甘えん坊、
1匹になると相棒を探す。
走って甘えにくる。
先輩にゃんことも仲良くできる。
警戒心無し。フワフワでカワイイ[黒ハート]
良く食べ、食べ過ぎると便がゆるくなる。
おもしろい寝方をする。
風邪症状なし、天真爛漫元気いっぱいです!

という事ですが、今は市内の方のボランティアMさんのお家にいます。こちらからの最新画像とコメントです。一応15日の市の譲渡会に出す予定とのことです。

カノンちゃんと子猫ムギ君.jpg

甘えん坊でひとり遊びが上手な手の掛からない可愛い子です。
ワクチン1回、駆虫済み

ムギ君の紹介ももちろん大事なので先に掲載させていただきましたが、ここからは感動のお話です。
6月10日の月曜日、とうとう親子が対面することになりました。\(^o^)/
市外のボラさんのMさんが子猫たちをワクチンに連れてくるという事なのでその時に母猫の預かりのお宅に連れて行くという話になりました。

その時の写真です。まずは仔猫預かり市外のMさんからの報告です。

カノンちゃんと子猫達.jpg

カノンちゃんと子猫達2.jpg

カノンちゃんと子猫達3.jpg

カノンちゃんと子猫達4.jpg

「ワクチン無事に終わりました。
ムギをカノンに戻しました。私のカンは大正解でした。
ムギはやはりお母さんを探していました。
みんな対面しましたが、ムギはもうベッタリ、カノンもみんなを覚えていて、何も言わず、優しく迎えていました。
他の子はやはりもう親離れしていました。
ミケはどこでもやっていけるタイプです。
コムギはカノンには近づかず、少し離れたところでカノンに「うー」って言って立ち去りました。
キジシロも一瞬近くにいて、そのあとは部屋中探検していました♪
自立していて一匹狼タイプです。
ムギ、私にもベッタリでしたが、
本当のお母さんと会えてベッタリでした。最後に抱っこしようとしたら、私に「うーっ」て言いました。「もう、おかぁさんから離さないで!」って言われたようでした。
カノンも、一番最後に私がムギを抱き上げようとしたときだけ「シャー」って言いました。
でも、最初に子供たち見せて、近くに置いたあとに撫でたときは、ウットリした表情で、ゆっくり瞬きしてくれました。
私とムギの親子離れも、
カノンの親子離れも完了しました[ほっとした顔]
最後にみんなをカノンに会わせてあげる事ができて良かったです。
カノンの表情が、少し柔らかくなったような気がします。」

それから、市内の母猫預かりのMさんからの写真とコメントです。

カノンちゃんと子猫.jpg

カノンちゃんと子猫2.jpg

カノンちゃんとムギ君かな
カノンちゃんと子猫3.jpg

カノンちゃんと子猫4.jpg


「離れ離れになって3週間経っていましたので、子猫たちもカノンも覚えていないだろうと覚悟しながらの対面でした。
カノンは最初戸惑いの表情でしたが直ぐに気が付き、子猫たちもカノンを母親と認識したのか普通に傍に寄っていきました。
ほんの1時間程でしたがご飯を食べて遊んでトイレをして普通の幸せな親子の日常を体験させてあげられました!

その後ムギだけが里親募集のために残こされ、カノンは空白だった時間を取り戻すかのようにムギから目を離さず世話をしています。
ムギもカノンのお腹に顔を埋めたりグルーミングしたりと思い切り甘えています。
最初にこの子たちの保護を肉球さんに依頼してきたKさんが「親子を引き離すことに罪の意識を感じる」と仰っていましたが、それは親と子をそれぞれ面倒見てきた私たちも同じ思いでしたので親子として再会が実現できて気持ちがとても楽になりました(^^)

猫は直ぐに忘れてしまうと言われますが親子の深い愛情は想像をはるかに超える感動ものでした。

カノンは2~3歳ぐらい、長毛(グレーサビ)で全身の毛玉を取り除いたため今は散切り状態肉球もカチカチですがしばらくしたら全身ふわふわの美猫になると思います。ブラッシングや撫でられることは大好きで爪を出したり咬んだりしません。
手術、ワクチン、駆虫済み、エイズ白血病陰性

再会できたカノンとムギは親子一緒に優しい里親さんを募集します!
(状況によってはカノン一匹だけの相談応じます)
厳しい環境の中で生きて来たとカノンとムギをよろしくお願いします!」


お二人の一時預かりさんからのお話を聞いて私も感動しました。
母猫カノンちゃんが保護するまでどんなに心細くつらい体験をしていたかそれでも子を産んで育てることを必死でやっていたか、考えただけでも涙が出ます。
状況のためとは言え私達人間が保護することで一時離れ離れになってしまってはいましたが、こうしてみな無事に元気にしています。
カノンちゃんも予定より早く回復できたため避妊手術も受けられました。毛玉もその時にトリミングしてもらいました。完全野良ではなかったことから保護してくれた方へのなつきも早く本当に何もかもが上手くいったと思います。

仔猫預かりの市外のMさんと母猫預かりの市内のMさんそれぞれとも良く連絡を取り合ってお互いの考えを話し合いながら、このような流れで来れました事、お願いした私からも本当に感謝しています。やはり保護は一人ではなかなか大変です。できることでの協力はとても大事だという事が今回特に思いました。

両方のMさん達そしてお家の庭にいたこの子たちの命を何とか助けたいと思って下さったKさん本当に本当に今回は感謝でいっぱいです。

ムギ君の里親募集は、できれば母猫と一緒にが希望です。親子で一緒というのも後々楽しみです。
母猫もまだ若いので、どうぞご検討くださいm(__)m


nice!(37) 
共通テーマ:ペット

乳飲み子トリオのご紹介 [保護猫]

先ず、最新の情報として「Small cat」をご覧ください。かわいいです。

昨日一時預かりのメンバーのGさんが病院へ見に行ってくれた時は、すっかり元気になったという
健児君です。点滴をしてもらって脱水症状も改善されて、自力でミルクも飲んでくれたそうです。
猫風邪の方もほぼ落ち着いているようでこちらもお薬が効いたようです。良かった。
駆虫も済、毛の方もきれいになって見た目も最初のころの痛いたしい感じからすっかり見違えるようになりました。もう一息です。病院の先生、スタッフの皆さん本当にありがとうございます。
今週末には退院できそうかなとGさんとも話しています。

健児君7月26日.JPG

そしてほこちゃん、こちらも面白いエピソードがいっぱいです。

ツーちゃん・ほこちゃん.jpg

ちょうどツーちゃんと一緒に写っていたので写真もらってきました。
ほこちゃんが残したミルクをいただいてるところだそうですよ、(´艸`*)かわいいですね。
ツーちゃんは普通食ですが、里親募集中なのでいっしょに掲載します。



そして、トリオのもう一匹は

ティガー君.JPG

ティガー君2.jpg

仮の名前をティガー君とつけてもらいました。茶しろのオスです。

一般の預かりTさんの所にお願いしています。こちらもまだまだ手のかかるミルクのみなので大変のようです。職場に連れて行って3時間おきにミルクを飲ませないといけないし、排せつもさせないと・・・・という事で、申し訳ないですが頑張っていただいています。

この3匹はまだまだお世話が大変なのですぐお渡しできませんが、もう少ししっかりして来たら、大丈夫と思いますのでその時はお問い合わせください。

詳しい情報は「にゃんこ貰ってください」でどうぞ

こうして、生まれて数週間もたたないような子を保護することはめったにないですが今回は重なりました。とても心配な状況だったのでここまでにしてくれた皆さんのおかげだと感謝しています。





nice!(26) 
共通テーマ:ペット

クム君のお見合いと仔猫たち [保護猫]

クム君5.jpg

工場の倉庫の中で一人ポツンとしていたところを保護された仮の名前クム君ですが、猫風邪の治療も進んでいてお見合いができそうということで来週末にお見合いが決定しました。\(^▽^)/

他にも希望者さんがいたのですがこちらでも検討させていただきOさんご夫婦に決めました。
こちらの理想の条件にぴったりということで、一時預かりをしていただいていますgreenさんも大変乗り気でしたのでこのお見合いが決まりました。先ずはトライアル、そして正式譲渡となります。
お申し出くださった方大変申し訳ありませんでしたが、また次の譲渡会にお越しいただいて家族を見つけてくださるとうれしいです。ありがとうございました。m(_ _)m

クム君の様子はこちら、「ねこ預かっています」でご覧ください、微笑ましいエピソードにうらやましい(*^-^*)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
仔猫たち.JPG

この子達は4月の11日と15日頃に生まれた子達です。

一般の方の保護猫の姫ちゃんとわんこちゃんが合計12匹を生みました。
父親はジジ君ですf(^_^; めすが数匹の中でオスが一匹、まだ子供と思っていたのでうっかりしていました。
半年過ぎたらジジ君だけでも去勢手術を受けさせておけばよかったのですが・・・・・
保護しているTさんからどうやら妊娠しているらしいと聞いたのが4月の譲渡会の直前でした。
どうしたら(ノД`)・゜・。 ということで先ずはそこまで来てしまったので、産ませて仔猫はすぐに決まるので里親募集しましょうということになりました。母猫も里親募集しますがそのことをご承知おきください。
実はこの母猫達は譲渡会に出すため別にして人なれの修業を本格的にしてもらっていた矢先でした。
Tさんは本当に一生懸命にやってくださって少しずつ慣れてきていたということでしたがなかなか警戒が解けないのでもしかしたらおなかに仔猫がいたので警戒心もさらに強くなっていたのかもしれません。
それで、産んでしまった後はTさんが仔猫をそっとしておいて、姫ちゃんやわんこちゃんに対してもお世話をしていればもしかしたら信頼関係が生まれてなつくのも早いかもしれませんよということで、頑張ってもらったら、その通りになってきたようです。
「姫もワンコもすっかり私に懐いたので、子猫もいっぱいいじらせてくれます」とのことです。\(^▽^)/

姫ちゃんの仔猫2.JPG

母猫はわんこちゃん、かな?(*^-^*) ニッコリ☆

何ともかわいくていいですよね。Tさんは大変でしょうけど、(*^-^*) お世話いつもご苦労様です。
仔猫たちは譲渡会にエントリー予定です。皆様いらしてくださいね。



nice!(34) 
共通テーマ:ペット

一般の方の保護猫の事(=´∇`=) [保護猫]

わたしたち、こちら肉球クラブでは市民の皆様の相談に乗っています。
地域猫や野猫問題は常にあって、終わることはありません、一つ解決すれば次、何とかうまくいくようにまとめるとまた次、高齢者の方、猫好きの方、何といっても最近の傾向は市民の皆様がいろいろと知識を得ていてご自分で何とかしたいとお考えになっていることですが、さらに一緒にお手伝い協力、口添えなどすることで、猫達の問題がスムースに運ぶことができます。そんな中、去年の夏ころ一通のメールが来ました。こちら肉球クラブの譲渡会で猫の家族になってくださった里親さんからでした。
その時のメールを掲載させていただきます。(昨年というのは2013年です)

「昨年の譲渡会でましゅまろを家族にさせていただきましたI です。お変わりなくお過ごしのことと思います。
我が家にやって来るのらちゃんのことで何か良い手立てがないかご相談があってメールいたしました。
ここ最近、以前から気になっていたのらちゃんが玄関先にやって来るようになりました。雄で年齢は4歳程度ではないかと思います。娘の話によると人様のお宅で飼われていたらしいのですが、今はおそらくのらちゃんです。春先辺りに縄張り争いに巻き込まれたのか両耳の後ろを負傷して、以来治る気配もありません。免疫力低下も考えられます。出来れば保護してあげたいのですが、ご存知の通り我が家にはましゅまろがいます。のらちゃんであるゆえどう手出しして良いのかも迷っています。ご返事いただけると幸いです。

次の3枚の写真は去年の8月頃の物です。
とてもひどい傷口なので見たくない方はスルーしてください。










仮の名前はそら君です。

伊藤さん保護の子2.jpeg

伊藤さん保護の子.jpeg

伊藤さん保護の子3.jpeg


そして、これに対してはすぐに治療をしてほしいことをお願いしました。
そのあと次のようなメールが来ました。(2013年8月の5日です)

「先日は早速にお返事いただきありがとうございました。
5日に動物病院へ連れて行きましたところ、耳ヒゼンダニにより相当痒かったのか耳の後ろを掻きむしった痕であること、シラミが付いていることもわかり、取り急ぎ2週間効果のある抗生剤を注射し、ダニの駆除薬を今日首すじに付け、あさってにシラミの駆除薬をやはり首すじに付けます。
この子を何とか保護してあげたいのですが、ましゅまろもコロナウイルスのキャリアでもあり私では無理であろうと思い、肉球くらぶを頼りにメールいたしました。仲間で里親に家族として迎えていただくまで保護をしていただける方はいらっしゃいませんでしょうか。
のらちゃんである故に、今のところ私のところでごはんを食べては外へ、ということを繰り返していて何を食べているのかお腹の具合も心配ですし、せっかくのクスリ投与が無駄に終わらないようにしてあげたいところです。出来れば早めに保護をしてあげたいところです。もし直ぐにでも保護していただける方があれば、2週間後の抗生剤注射は私が出向いて受けさせます。」

この時すでにこちらの一時預かりさんたちは手いっぱいでしたので申し訳ないですがそこで世話をしてほしいということでお願いしました。それに対してIさんはこのようにお返事くださいました。

「お忙しいところ返信いただいて本当にありがとうございました。
のらちゃん歴が長い割には警戒心があるような無いような子です。今後のことはまだ悩んでいます。今は体の状態をなるべく穏やかにさせてあげたいと思っています。確実に保護出来る自信もないのですが、出来れば去勢術を受けさせらまで漕ぎ着ければいいと思っています。その後もし里親を募集出来るまでになりましたら、またご助言をいただけたら嬉しいです。


年も明け、その後心配はしていたのですが、今日になって新たにメールが届きました。

「お変わりなくお過ごしでしょうか?
4月が来ると、まろが我が家に来てまた一年経ったなぁと、2年前の譲渡会を思い起こします。
ましゅまろは2歳と7ヶ月くらいの子になりました。毎晩娘か私の布団に潜り込んで寝入り、朝までぐっすりと眠って、1日3食食べて....普通に穏やかに過ごしています。ここしばらくゴハンの相性が悪いのか食欲を落としてしまい、アレルギー食を取り始めました。以前のドライフードの形状もまろには合わなかったのかもしれません。何せちっちゃなお口で食べるのもどちらかというと下手で。今は小さな粒状のものになり一生懸命に食べています。
ところで昨年8月に見るに見かねて保護をしたノラちゃん。病院に連れて行き抗生剤を投与していただいた後は我が家へ来るようになりました。最初は我が家にゴハンを食べに来るだけ。寒くなる頃は夜だけはわがやの車庫で眠り。雪が降るようになってからは離れのお部屋に温かい寝場所を作ったところ、我が家周辺を行動範囲にして過ごすようになりました。冬を機に室内で過ごすことを覚え、半年が過ぎた3月に繁殖を避けるために去勢手術を受け取りました。以来外に出ることなく完全に室内で過ごすように。ノラちゃん歴が長かったのでいま回虫駆除をしていますし、これから血液検査をしたり予防注射をしたりしないといけませんが、ここを終の住処として老年期を過ごしていかせようと思っています。
名前はそらと言います。ましゅまろはまだ若いせいもあり興味深々の様子ですが、そらの健康状態が良好とは言えないので別部屋暮らしです。」

とても元気になった様子です。

伊藤さん保護.JPG

伊藤さん保護2.JPG

Iさんありがとうございました。この子が元気になったということ本当に感謝しています。m(_ _)m
掲載の許可をお願いしたところ

「そらを実際に見かけていたのはもう3年以上前でした。昨年夏に両耳の後ろを掻きむしったひどい状態が保護するきっかけでした。耳ダニ、シラミも酷かったし、多分あのまま放っておいたら今は生きてなかったように思います。今は耳ダニもシラミもなくなり、ボサボサだった毛並みはツヤが出てきれいに柔らかくなりました。一番の変化は何と言っても目つき。鋭さがだいぶ減ってきましたからね。おかしいのは、掃除機を見るとしゃーしゃー言って威嚇していること。まろはそんなもの見たって全く関心ないのに、やはりノラちゃん歴が長いことを想わせます。
人間に近いところにいたのは確かなので、ある意味人間慣れもしていたことが半年で慣れた要因だったと思います。おそらく何の病気も持っていないとは言えないかもしれませんが、少しでも長生きしてくらたらなぁと思っています。」

幸せになって、I さんのお宅で暮らしているましゅまろちゃんです。とってもおちゃめさんですね。

ましゅまろちゃん2015・4.jpg

ましゅまろちゃん2015・4・8.JPG

ましゅまろちゃんもそら君もそれぞれI さんの優しさに包まれて幸せに暮らしています。ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それから、皆様にペットと一緒の泊まれるペンションのご紹介をしたいと思います。

特派員Wさん、(ドラセナ・フレグランス君と茶丸君の飼い主さん)と迷子のまるこちゃんの飼い主さんNさんが行ってこられたということです。ご紹介いたします。

Happy Pads・・・・・・妙高市にあります。素敵なペンションです。犬と猫もOKなので連休などに行ってみてください。

看板犬たちにも会ってきてください。\(^▽^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
下の記事のチワワちゃんですがこちら肉球クラブで犬を担当するメンバーさんに初めて預かってもらうことになりました。Hさんのお宅で引き取ってお世話します。里親さんを募集中ですので是非お問い合わせください。Hさんのお宅にお見合いに行っていただきトライアルという流れになります。

7才チワワ.jpg


nice!(43) 
共通テーマ:ペット
保護猫 ブログトップ